【一人暮らしが寂しい社会人へ】孤独をリセットできる5つの方法

いっこー
こんにちは!東京で一人暮らしをしている、いっこーです。

ぼくは社会人になって大阪から東京に引っ越し、初めての一人暮らしを開始しました。でもやっぱり、最初のうちって寂しいんですよね。

 

一人暮らしを始めたばかりの人は、こんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか。

  • 一人暮らしを始めたばかりで寂しい
  • 新しい土地で友達や知り合いも少ない
  • 家で一人でいると、なぜか涙が出てくる
  • 話し相手がほしい

 

一人暮らしは自由気ままな一方で、孤独を感じる瞬間も多くありますよね。

仕事から帰ってきても部屋は真っ暗で誰もいない……ごはんを食べるのもいつもひとり……

 

寂しさばかり感じてしまうと、どんどん憂鬱になってしまうので、この記事では「寂しさをリセットする5つの方法」を書いていきます。

一人暮らしが寂しくてたまらない!というあなたはぜひ参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

テレビ・ラジオを付ける / 寂しい一人暮らし対策①

寂しさを解消するのに一番簡単な方法は、テレビやラジオなど「音の出るもの」をつけること。

ぼくも最初は部屋にテレビがなかったので、無音の部屋が寂しくてたまりませんでした。

 

テレビやラジオの内容を追わなくてもいいんです。部屋に音が鳴っているだけで寂しさはかなりマシになるんですよ。

一人暮らし用の小さなテレビなら、Amazonで2万円ほどで買えちゃいます。

 

Twitterでつぶやいて繋がる仲間を見つける / 寂しい一人暮らし対策②

新しい土地で一人暮らしをする人は、友達が少ないことにも悩むはず。

イベントに行ったりサークルに顔を出すのもいいけれど、それも緊張するし、気の合う人が見つからないと時間の無駄にもなってしまいます。

 

気の合う仲間を見つけるには、SNSを使って繋がるのがいちばん簡単。

Twitterやインスタで自分の考えを発信することで、それに共感してくれる人が絶対に見つかりますから。

 

そうやってSNSで繋がった人が近くに住んでいれば、実際に会ってみても楽しいですよ。

ふだんの発信を見ているので、リアルで会っても話が弾むはず。よし、アカウントを開設してみましょう!

 

ペットを飼う / 寂しい一人暮らし対策③

犬や猫はさすがに無理でも、小さなペットはOKな家がたくさんあるはず。

例えば「カメをベランダで飼う」とかもいいですよね

 

家に自分以外の家族がいることは安心感にも繋がります。カメが無理ならメダカでも金魚でも。

手間のかからないペットを飼って、ふだんの癒やしにしてみてはいかがでしょうか。

 

帰省する / 寂しい一人暮らし対策④

実家に帰って家族の顔を見れば、やっぱり安心するもの。

仕事で忙しくてなかなか時間が取れない人も、「3ヶ月にいちど」ぐらいのペースで週末に帰省してはいかがでしょう?

 

いつもは会えない家族から元気を貰えば、また一人暮らしも頑張れるはず。お父さん・お母さんも、あなたが帰省してくるのを楽しみにしていますよ。

 

恋人をつくる / 寂しい一人暮らし対策⑤

週末にごはんに行ったり旅行に行く恋人ができれば、一人暮らしの寂しさなんて吹っ飛びます。

でも新しい土地で出会いもないし…という人には、スマホで出会えるマッチングアプリ「Pairs」がおすすめ。

  • 登録者数はマッチングアプリで日本トップ
  • 真剣な出会いを求めている人が多い
  • 18歳〜40代まで年齢層が幅広い

 

普段は仕事に行って帰るだけ…という忙しい人でも出会いが見つかるので、新しい土地での恋人探しにぴったりですよ。

男性は月3000円、女性は完全無料で始められるので、まずは1ヶ月だけでも試してみてはいかがでしょうか。

 

一人暮らしのスマホ代、Wi-Fi代を合計5000円にする方法

ぼくはスマホ代とWi-Fi代を、

  • 格安SIMの「LINEモバイル」
  • 持ち運びできるWi-Fiルーターの「WiMAX」

を使って月々合計5000円に押さえています。

 

通信料を安くするのは一番簡単な節約方法なので、気になる人は

をご覧ください。

The following two tabs change content below.
新社会人いっこー

新社会人いっこー

Web広告マンな新卒1年目/今年は社畜として頑張ることを決意/文章を書くこと、ラジオを録ること、デートすることが生業。音声配信アプリ「Radiotalk」公式パーソナリティです。 ▶いっこーのTwitterラジオ番組『塩顔男子のつぶやき手帖』

SPONSORED LINK

関連記事