新卒の一人暮らしはきつい!「格安SIM」でスマホ代を節約しよう。

いっこー
こんにちは!2018年春から新社会人になった、いっこーです。

新卒1年目の給料は、大抵「月に20〜25万円」ぐらいですよね。

大学時代のバイト代と比べるともちろん金額は多いですが、生活費や娯楽費をやりくりすると、手元に残るお金は多くありません。

一人暮らしだと、家賃や光熱費も払わなくちゃいけないし…。新社会人にとっては、「どうやって節約するか」が重要なテーマです。

 

そんな新社会人の節約で最初におすすめなのが、スマホ代を見直すこと。

au,docomo,SoftBankから「格安SIM」に乗り換えることで、月5000円以上の節約になります。

 

  • 食費や洋服代を削るのは大変
  • 生活のクオリティは落としたくない
  • 簡単にできる節約がいい

という人にぴったりの節約術なので、ぜひ参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

変動費を下げるのは難しい!

まだお給料が少ない時期には、「どうやって節約をしよう」と悩むもの。

多くの人は「食費」「交際費」を削ろうとしますが、実はその節約、失敗してしまう可能性が高いです…!

 

食費や交際費は「変動費」と呼ばれ、その名の通り「毎月使う金額が変わってくる」項目。

急な飲み会やイベントは前もって予想しづらいので、この「変動費」を節約するのは難しいんですよね。

 変動費の例

  • 食費
  • 洋服代
  • 日用雑貨代
  • 交際費

 

金額が決まっている「固定費」を減らす

ではどうやって節約するかというと、ズバリ「固定費」を減らしていきましょう。

 固定費の例

・家賃
・光熱費
・スマホ代
・Wi-Fi環境
・月額課金サービス(Netflix、Applemusicなど)

 

家賃や月額課金サービスを一度見直すと、毎月の支出は勝手に減っていきます。

そんな固定費の中で最も簡単に節約できるのが、スマホ代。

au,docomo,SoftBankから格安SIMに乗り換えるだけで、毎月5000円以上の節約ができますよ。

 

3大キャリア(7000円)→格安SIM(2000円)

3大キャリア(au,docomo,SoftBank)を使っている人は、スマホ代に月額7000〜8000円を払っているのではないでしょうか。

外出先でYouTubeをガンガン見ない限り、「月7GB」のデータ容量が余っている人も多いはず。

 

そんな人が格安SIMに乗り換えて、「月3GB」「月5GB」など自分に合ったプランにすれば、スマホ代を月額2000円前後にまで下げられるんです。

スマホ代の比較

【au,docomo,SoftBank】
・7GBプラン…約7000〜8000円

 

【格安SIM】
・3GBプラン…約1700円
・5GBプラン…約2200円
・7GBプラン…約2600円

 

ぼくのおすすめは「LINEモバイル」。3つのメリットを紹介

ここで疑問なのが、

どの格安SIMを選べばいいの?

ということですよね。

 

正直言って、どの格安SIMを選んでも金額的な差はほとんどありません。下の格安SIMはどれも、「3GB…約1,700円」「5GB…約2,200円」「7GB…約2,600円」になっています。

  • UQ mobile
  • mineo
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル

 

そんな格安SIMの中で、ぼくが選んだのは「LINEモバイル」の3GBプラン(1,690円)。

なぜLINEモバイルを選んだのか、3つのメリットをご紹介します。

 

SNSの通信料がカウントされない / LINEモバイルのメリット①

LINEモバイルでは、主要SNSアプリのデータ通信料がカウントされません。どれだけSNSを使っても、簡単に速度制限がかからないようになっています。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

 

また、データ容量を使い切ってもSNSの通信速度は落ちないのも嬉しいポイント。もし速度制限がかかってしまっても、SNSはサクサク利用できます。

 

LINEのID検索ができる / LINEモバイルのメリット②

あまり知られていませんが、格安SIMでは「LINEの年齢認証」が使えません。これで困るのが、LINEのID検索ができなくなってしまうこと。

でも格安SIMの中で唯一、LINEモバイルだけが年齢認証に対応しています。

ID検索ができないのは地味に不便なので、頻繁にLINEを交換する人はLINEモバイルがおすすめですね。

 

LINEアプリと連携できる / LINEモバイルのメリット③

LINEモバイルの公式アカウントを友達追加すると、LINEアプリ内で各種情報を参照できます。

  • データ残量の確認
  • 契約内容の確認
  • いつでもヘルプ

 

普段から使っているアプリ内で、スマホ情報を確認できるのはかなり便利。

いちいち外部サイトに飛ぶ必要がないので、3大キャリアの使いづらさにイライラしていた人もご安心ください。

 

格安SIMに変えて、スマホ代が7000円→1690円に

ぼくはLINEモバイルの3GBプランに変えてから、スマホ代が月額7000円→1690円になりました。

3GBじゃデータ容量が足りないよ!

となった場合も、Webからいつでもプラン変更ができます。

 

最初にも言った通り、新社会人の節約でいちばん簡単なのは「スマホ代を見直す」こと。

少ない給料を5000円節約できるのはかなり嬉しいので、まだ3大キャリアを使っている人は今すぐにでも格安SIMを検討してください!

 

SNS使用頻度の高い20代前半なら、「LINEモバイル」がおすすめ!

どの格安SIMを選んでも金額的な差はありませんが、ぼくと同じようなSNS世代には「LINEモバイル」がおすすめです。

LINEモバイルが向いている人

  • TwitterやInstagramをよく使う人
  • ID検索を使ってLINEを交換したい人
  • よく知らない会社の格安SIMを使うのが不安な人(→LINEが運営しているので安心!)

 

LINEモバイルでは

  • 月額基本料が2ヶ月無料
  • 電話かけ放題オプションが1ヶ月無料
  • 2000LINEポイントをプレゼント

などのキャンペーンを頻繁にしているので、公式サイトをぜひチェックしてみてください!

 

WiMAXとの組み合わせで通信料が月5000円に!

ちなみにぼくは、Wi-Fi環境を「GMOとくとくBB」のWiMAX(月額3,344円)で契約しています。

スマホとWiMAXを合わせても月5000円とお得になるので、ネット代をまとめて節約したい人は「【月3300円】一人暮らしのネット代を安くするにはWiMAXを選べ。」を参考にしてください。

The following two tabs change content below.
新社会人いっこー

新社会人いっこー

東京で働く23歳男子が、新社会人のリアルを発信中/リーマン生活・一人暮らし術・就活について発信します/スキルゼロの文系なのに渋谷のIT企業に入っちゃいました/最近はラジオDJもしてるよ! ▶いっこーのTwitterラジオ番組「塩顔男子のつぶやき手帖」

SPONSORED LINK

関連記事