後悔しないための「街コンの選び方」5ポイント!現役スタッフが教えます。

いっこー
こんにちは!街コンソムリエ、いっこーです。

ぼくは街コンスタッフとして働く大学生で、実際のイベント経験から学んだノウハウを共有しようと、いくつか街コン関連記事を書いています。

「街コン」カテゴリの記事はこちら

 

さて今回は、後悔しないための「街コンの選び方」について。

街コンは出会いの場として一般的になってきましたが、「どんな基準で選べばいいのか」を分かっている人はまだまだ少ないはず。

初めて街コンに参加する!という人は、なおさら不安に感じますよね。

 

そこでこの記事では、実際に街コンスタッフとして働くぼくが、「絶対にハズレを引かないための街コンの選び方」を5ポイントに分けて解説していきます。

このあとの内容を基準に街コンを選べば大失敗はしないので、「どんな街コンに行こうか迷ってる…」というあなたは参考にしてください👇👇

 

SPONSORED LINK

居心地のいい開催地 / 街コンの選び方①

街コンの開催地は、「自分の居心地のいい街」を選ぶのが正解。

基本的に「その街によくいそうな男女」が集まるので、自分のキャラクターに合わせて開催地域を選びましょう。

 

例えばぼくの住んでいる大阪には、「梅田」と「難波」、2つの中心地があります。

それぞれの特徴はこんな感じ👇👇

  • 梅田…ビジネスマン多め。街コンには落ち着いた人が集まる傾向
  • 難波…歓楽街。梅田と比べると派手な人が集まる

 

この場合、落ち着いた性格の人が難波の街コンに行くと、「あれ…なんか雰囲気が合わない…」と感じてしまうかもしれません。

その街によって参加者層が変わってくるので、「自分のキャラクター」「異性に求める雰囲気」を考えながら開催地を選びましょう。

 

安かろう悪かろうな店は避ける / 街コンの選び方②

飲食店を貸し切って街コンが開催される場合、「安かろう悪かろうな店」は避けましょう。

お店の接客や雰囲気によって、全く街コンが楽しめない恐れがあります。

 

街コンは「街コン運営会社」と「レストラン」のコラボ

一般の飲食店で街コンが開催される場合、イベント当日の役割分担はこうなっています👇👇

  • 街コン運営会社…受付、イベントの司会進行
  • 飲食店…食事・ドリンクの提供、接客(一部)、清掃

 

ここで言いたいのは、「街コン運営側でコントロールできない要素がある」こと。

  • 料理やドリンクの質
  • 店員の態度
  • 清掃が行き届いているか

などは、飲食店に任せるしかないのが現状です。

 

実際にあった「最悪な飲食店」の例

こういう状況では、街コン運営側では対処しきれないトラブルがよく起こります。

ぼくが今まで経験した例を並べてみました👇👇

  • 清掃が適当すぎて座敷や床がめっちゃ汚い
  • バーカウンターを設置できず、お客さんに厨房横まで取りに来させる
  • 街コン開催中に店員が理由なくウロウロする
  • 水槽の電気がすべて故障している

 

こんなお店での街コン、絶対に嫌ですよね(笑)

街コンに参加する前は、イベント概要の他に「レストラン情報」を確認するのがすごく大事です。

 

街コンは基本的に誇大広告。食べログでしっかり確認して

街コンサイトは基本的に誇大広告なので、「おしゃれな店内」「落ち着いた空間」「美味しい食事」などの言葉が並びます。

でもハズレの飲食店を引かないためには、食べログやホットペッパーで事前に店舗情報を確認するのが大事。

 

  • 口コミ
  • 内装の写真(お客さんが撮影したもの)

をチェックして、「店内が汚そうな安い店」は絶対に避けましょう。

 

年齢幅はできるだけ狭く / 街コンの選び方③

主に女性向けですが、「かなり年上と出会いたい!」という人以外は、できるだけ年齢幅の狭い街コンがおすすめです。

「20代限定」「23〜27歳限定」「30〜35歳限定」などのイベントですね。

 

年齢幅が広すぎると求める出会いが少なくなる

街コンによっては「23〜39歳」のように、かなり年齢幅の広いイベントもあります。

このような街コンは参加ハードルが低い一方で、参加者層がバラつきすぎてしまい、理想の相手が見つけづらいのも事実。

上手くいかないマッチングの例

  • 同世代(20代前半)と出会いたいのに、異性は30代の人ばかり…
  • 落ち着いた女性と出会いたいのに、会場にいるのは若い女の子ばかり…

 

「同世代と出会いたい」「年上と出会いたい」という希望があるなら、その年齢層を狙い撃ちできる街コンを選びましょう。

できるだけ年齢幅は狭くすることで、理想の相手に出会える確率も高まりますよ。

 

着席か立食か? / 街コンの選び方④

街コンには大きく分けて3つのタイプがあります👇👇

  1. 1店舗&着席形式
  2. 1店舗&立食形式
  3. 複数店舗形式(主に着席)

 

着席形式とは、「男性2名、女性2名」が1テーブルになり、30分ほどの間隔で席替えを繰り返すもの。

立食形式では特に決まりはなく、気になる異性と自由に話すことができます。

 

それぞれメリット / デメリットがありますが、ざっくり分けるとこんな人におすすめ👇👇

  • 1店舗&着席形式→街コン初心者におすすめ
  • 1店舗&立食形式→一人参加におすすめ
  • 複数店舗形式→自分から積極的に行動できる人におすすめ

 

現在主流なのは「1店舗&着席形式」

街コンといえば「色んな飲食店を回る」というイメージも強いですが、現在主流なのは「1店舗&着席形式」のもの。

  • 移動時間がないので効率的
  • 席替えがあるので自分からアプローチしなくていい

という点で、特に街コン初心者におすすめです。

 

どの街コンを選べばいいか分からない…という人は、まず最初に「1店舗開催&着席形式のもの」に参加してみましょう。

街コンの種類については、街コンの種類を現役スタッフが解説!初心者や1人参加におすすめのイベントは?で詳しく解説しています。

 

男女比が1:1 / 街コンの選び方⑤

より多くの出会いを見つけるために、「男女比1:1」を保証している街コンに参加しましょう。

ここで大事なのが、街コンに参加する際は大手サイトを使うこと。

全国で街コンを開催している大手サイトでは、必ず男女比に偏りがないことを条件にしています。(もちろんサクラもいません)

 

ぼくがおすすめしているのは下の3サイト。

この中から街コンを選べば、「男女比が全然違う!」ということはまず起こりません。

主な街コンサイト

 

男女比が1:1にならない場合は潔く開催中止になるので(もちろん返金してくれます)、安心できるサイトから街コンに申込みましょう。

 

「街コンの選び方」5つのポイントまとめ

  1. 居心地のいい開催地
  2. 安かろう悪かろうな店は避ける
  3. 年齢幅はできるだけ狭く
  4. 着席か立食か?
  5. 男女比が1:1

 

この5ポイントを押さえておけば大失敗はあり得ません。ぜひ参考にして、次の週末の街コン選びにお役立てください。

主な街コンサイト

 

街コンの種類を詳しく知りたい人は街コンの種類を現役スタッフが解説!初心者や1人参加におすすめのイベントは?

街コン申込み〜当日の流れを知りたい人は現役スタッフが解説!街コン参加〜イベント終了までの流れを全てまとめる。

を参考にしてください!

The following two tabs change content below.
いっこー@大学4年

いっこー@大学4年

来春からIT企業に就職する大学生。就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。大阪住みの23歳。 ▶いっこーのTwitter詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事