マイナビジョブ20’sの評判は? 実際に面談を受けたので徹底解説するよ。

いっこー
こんにちは! 新卒1年目にして、転職を考えているいっこーです。

現在24歳の新卒1年目で、転職活動をはじめたばかりのぼく。

今回は、第二新卒&20代向け転職エージェント、「マイナビジョブ20’s」の面談に行ってきました。

 

社会人経験が浅く、転職経験もない若手社会人にとって、「転職活動は何から始めればいいのか」はよく分からないもの。

最初のステップとして、「無料で相談に乗ってくれて」「自分に合った求人を紹介してくれる」エージェントを利用するのは必須といえます。

 

今回面談に行ってきたマイナビジョブ20’sは、

  • 第二新卒〜若手社会人ならまず登録すべきエージェント
  • 中規模〜大手求人が多い
  • 転職について、何も分からない状態で行ってOK

という印象でした。

 

この記事では、「マイナビジョブ20’sの面談」「マイナビジョブ20’sがおすすめな人」について徹底解説していきます。

 

▼▼第二新卒で転職するなら▼▼

 

SPONSORED LINK

マイナビジョブ20’sとは

マイナビジョブ20’sは、20代に特化した転職エージェント。

就職1〜3年目で25歳前後の、「第二新卒」の転職もサポートしてくれます。

ぼくは入社1年目の24歳なので、扱いとしてはこの「第二新卒」に当たりますね。

 

就職・転職サイト最大手のマイナビが「20代を専門に」提供するサービスなので、安心感は折り紙つき。

マイナビジョブ20’sで受けられるサポートの流れは、ざっくり下の通りです。

  1. Webから会員登録(無料)
  2. 個別カウンセリング
  3. 求人に応募
  4. 選考・面接
  5. 入社

 

マイナビジョブ20’s面談前のぼくの状況

いっこー
  • Web広告の会社に新卒入社、営業職として半年間働く
  • 仕事内容にやりがいを感じられず。できればマーケティングとか広報に携わりたい
  • 現在の給料が低いため、月給+3万円ぐらいあれば嬉しい

こんな感じで初回の面談に臨みました。

かなりざっくりした希望ですが、キャリアカウンセラーの方は丁寧に話を聞いてくれるのでご安心あれ。

「転職を考えているけど具体的には何も決まってない……」という人でも問題ありません。

 

▼▼第二新卒で転職するなら▼▼

 

マイナビジョブ20’s面談の内容

マイナビジョブ20’sに会員登録すると、まずは個別カウンセリングを受けることになります。

面談場所は、「東京」「大阪」「名古屋」の3拠点。

面談を受けるまでの流れは記事の後半で解説しています。

 

1、転職したい時期 / 転職理由 / 就きたい仕事について

今回、ぼくのカウンセリングを担当してくれたのは大橋さん(仮)。

大橋さん
いっこーさん、今日はよろしくお願いします。

早速ですが、転職したい時期は決まっていらっしゃいますか?

いっこー
今すぐ!というわけではないですが、1年目が終わる3月までには転職しようと考えています。
大橋さん
なるほど。転職したい理由を聞かせてもらえますか?
いっこー
仕事内容と給料面ですね。

あまり今の仕事にやりがいを感じられず、できればマーケティングや広報に関わる仕事がしたいです。あとは、月給が+3万円ぐらいになれば嬉しいなあと。

 

面談がはじまって最初に聞かれたのは、「転職したい時期」と「転職したい理由」。

ここはカッコつける必要もないので素直に答えましょう。その後の面談のベースになります。

 

2、「今すぐの転職はおすすめしない」とアドバイス

大橋さん

今のいっこーさんの話を聞いていると、正直言って今すぐの転職はおすすめしません。

理由としては、マーケティングや広報の仕事はかなり狭き門だからです。

そもそも転職市場に求人数が少ないし、求人があったとしても、ほぼ未経験の第二新卒で採用される可能性は低いです。

いっこー
なるほど。予想はしていたんですが、やっぱりマーケティングや広報って激戦区なんですね……
大橋さん
そうですね〜。本当にその職種に就きたいなら、現職で実績をつくってから転職するのが賢明だと思われます。

 

転職エージェントの担当者から「今すぐ転職するのはおすすめしない」と言われるのは、少しびっくりしました(笑)

エージェントの立場なら、さっさと求人を紹介して入社してもらったほうが自分の成果になりますから。

相談者の状況に合わせて、親身になってアドバイスしてくれるところが好印象でした!

 

3、まずは3ヶ月やってみては?

いっこー
実は現職の本配属で、広告運用のポジションに就いたんですが、これって転職の材料になりますかね?
大橋さん

いいですね。そこで実績をつくれば、転職する大きな武器になると思います。

マーケティング職は営業職よりも「数字の実績」を見られるので、まずは現職で3ヶ月間コミットしてみてはどうでしょう。

そこでやれる!と思えば続ければいいし、やっぱりダメだ…と感じたなら、本腰を入れて転職活動をしていきましょう。

いっこー
なるほど、ありがとうございます!

 

マイナビジョブ20’sの面談・よかったところ

  1. 転職エージェントが初めてでも安心の対応
  2. 無理にたくさん求人を勧めてこない

マイナビジョブ20’sの面談を受けてみて、まずは「転職未経験者でも安心して相談できる」のが好印象でした。

さっさと求人紹介して終わらせよう……という雰囲気も無かったし(当たり前か)、相談者の状況に合わせてアドバイスを貰えます。

学生の就職活動を長年支援しているマイナビだけあって、若手社会人の悩みに理解があるのもポイントですね。

 

マイナビジョブ20’sの面談・イマイチなところ

  1. こちらの希望が具体的でないと提案してくれない?

ぼく自身がふわふわした状態で面談したのにも原因はありますが、「もっと提案してくれてもいいのでは?」と思ったのは事実です。

たとえばぼくはマーケティング職に就きたい!とリクエストしましたが、「本当にそうなの?意外とこういう仕事が合ってるかもよ?」と勧めてくれるとか。

具体的な希望を言わないと求人を紹介してくれないのかな?という部分は、少し不満が残りましたね。

 

マイナビジョブ20’s 面談予約までの手順

マイナビジョブ20’sの面談には良いところ / イマイチなところの両面がありますが、最初に登録すべきエージェントには変わりありません。

転職活動の第1ステップとして、キャリアカウンセラーとの面談をおすすめします。

 

1、Webから会員登録

マイナビジョブ20’sの申し込みフォームから会員登録します。

サービス利用は完全無料、登録自体も5分もかかりません。

 

2、面談日時を決定

会員登録が完了するとメールが届くので、添付のリンクより面談日時を決めます。

基本は月曜日〜金曜日の9:30から19:00までですが、備考欄にその旨を記入すれば19:30以降の面談にも対応してくれます。(ぼくの面談も19時半スタートにしてもらいました)

 

3、基本情報を入力

現職や学歴などの基本情報、転職先に求める条件を入力します。

まだ決まっていない所は、ざっくりの記入でも大丈夫でしたよ。

 

4、履歴書用の写真を登録する

履歴書用の証明写真をデータでアップロードしておきます。

データがない場合は、面談時に証明写真を持参しましょう。

 

▼▼第二新卒で転職するなら▼▼

 

マイナビジョブ20’s 特徴とメリットまとめ

  • 20代&第二新卒に特化したサービスなので、初めての転職活動でも安心
  • キャリアカウンセラーが若手社会人の立場で相談に乗ってくれる
  • 強引な求人紹介がなく好印象

転職活動では「どうすればいいんだろう……」とひとりで悩むことも多いですが、モヤモヤする時間があるなら、思い切ってエージェントに相談してみるのがおすすめです。

転職のプロから客観的な視点でアドバイスを貰えますし、なんといっても完全無料ですから。

 

特にマイナビジョブ20’sは「20代と第二新卒のための」転職エージェントなので、最初に登録するにはぴったりかと。

ぼくが面談したときは「2週間先まで予約がいっぱい」の状態だったので、早めに面談予約しちゃうのがおすすめです!

ぜひ少しだけ勇気を出して、マイナビジョブ20’sで相談してみてください。

 

▼▼第二新卒で転職するなら▼▼

The following two tabs change content below.
新社会人いっこー

新社会人いっこー

Web広告マンな新卒1年目/エッセイストになりたみが深い/文章を書くこと、ラジオを録ること、デートすることが生業。音声配信アプリ「Radiotalk」公式パーソナリティです。 ▶いっこーのTwitterラジオ番組『塩顔男子のつぶやき手帖』

SPONSORED LINK

関連記事