応援はいらないから、「絶対ムリ」って言わないでほしい。

別に応援はいらないから、「絶対ムリ」って言わないでほしい。

「どうせできないよ」っていう言葉をなくせば、みんながもっと生きやすくなるよなあ。

そんなことを最近考えてます。

 

SPONSORED LINK

「絶対ムリ」って言われるのがいちばんこわい

新しいことを始めるとき。

「やってみたい!」と思えることができたとき。

そんなときにいちばん怖いのって、まわりから「絶対ムリ」って言われることなんです。

 

ぼくみたいな普通の人間は弱いです。

「周りの目は気にしないでいい」って分かってはいるけど、「みんなにどう思われてるんだろう」って考えた瞬間不安になる。

 

そんな弱い人間が、「絶対ムリだよ」って言われたら。

「それになんの意味があるの?」なんて言われたら。

 

そのひと言で自信はなくなるし、「やっぱり自分にはできないよな…」って思ってしまいます。

 

ブログ書くのだって不安になる

好きなときに、好きなことだけ書いてるこのブログも、はじめたときから不安な気持ちはずっと変わりません。

ぼくが友達や知り合いにブログを公開したのは、書き始めて3ヶ月が経ったときです。

それまでは、「ブログを見られて、なんか言われるのがこわい」と思ってました。

「恥ずかしいし見られたくない」って。

 

そして、書きはじめて半年以上が経った今でも「こわい」気持ちはあります。

友達に会う日には、「あんなことブログに書いたけど、なんか思われてないかな」とムダな心配をしてしまう。

そもそも読んでるかも分からないのに、です。

 

続いているのは「絶対ムリ」と言われなかったから

そんなブログが続いているのは、始めたときに「絶対ムリ」と言われなかったから。

「なんの意味があるの」「そんなの書いても仕方ないよ」って、誰にも言われなかったからです。

 

「おもしろいこと始めたね」「とりあえず読んでみるよ」って周りに言ってもらえたから、今でも自分のペースで書き続けられているんです。

 

応援しなくていい。否定しないで。

好き勝手に書いてるだけのブログでも不安なんだから、新しいことをはじめるのってめっちゃ怖いんです。ほんとに。

で、不安な人をノックアウトさせちゃうのが、「絶対ムリ」「そんなの意味ない」って言葉なんですよね。

 

「マンガ家になる」って友達が言ったら

もし大好きな友達が「おれマンガ家になるわ」って言ったら、ぼくはたぶん「マジで言ってんの? ムリじゃね!?」って思うはずです。

でも絶対、それを口にしたくない。

 

人って、自分が想像できないことを否定しがちです。

自分でやったことがないのに、「そんなの意味ない」って言っちゃいます。

 

でもそんな何気ないひとことが、友達から自信を奪ってるかもしれない。

周りに「ムリだよ」って言われ続けたら、「やっぱり自分にはできない」って思ってしまう。

ぼくみたいな、弱い人間ならなおさらです。

 

「やってみたら?」でいいじゃん

だから、「とりあえずやってみたら?」でいいんです。

別に応援してもらわなくてもいい。

応援はいらないから、「絶対ムリ」って言わないでほしいんです。

 

ぼくに、マンガ家を目指す友達の気持ちはわかりません。

でも別に、それを否定する必要なんてない。

「よくわかんないけど、やってみたら?」と伝えれば、みんながハッピーになれるんじゃないかな。

 

「絶対ムリ」って絶対言わない。

「絶対ムリ」って絶対に言わない。

これだけで、みんながもっと生きやすくなる。本気でそう思います。

自戒の意味もこめて、今日はこんな記事を書いてみました。

 

そうそう、書いてて気づいたんですけど、この内容って植松努さんの完全な受け売りです。

久しぶりに見てみたら、やっぱり最高のプレゼンでした。

 

 

The following two tabs change content below.
新社会人いっこー

新社会人いっこー

仕事と恋愛に悩む新社会人/リーマン生活・東京での一人暮らし事情・マッチングアプリでの出会いについて/本業はWeb広告屋さん ■Radiotalk公式パーソナリティです。 ▶いっこーのTwitterラジオ番組『塩顔男子のつぶやき手帖』

SPONSORED LINK

関連記事