10秒でシワ伸ばし!ティファールの衣類スチーマーはズボラ男子必携アイテムだ。

こんにちは、いっこーです。

ぼくは現在就活中の大学生なんですが、最近ちょっと困ったことがありました。

そう、スーツに付くシワの手入れです。

 

大半の就活生はスーツを着て説明会や面接に行くと思うんですが、どうしてもシワが付くのは避けられないんですよね。

  • ジャケットの背中
  • ジャケットの腕部分
  • パンツの膝裏

 

もちろんアイロンをかければいい話なんですが、部分的なシワを伸ばすためだけにアイロンを出して、アイロン台も出して…と準備するのはちょっと面倒。

ってことで、「シワをさっと伸ばせる」「アイロン台いらず」な商品を探していたところ…

 

コイツに行き着きました。

ティファール衣類スチーマー アクセススチーム」です。

 

この衣類スチーマーを買ってから、シワ伸ばしが格段に楽になったので紹介しようかと。

特にズボラな男子!かなりおすすめですぞ。

 

SPONSORED LINK

T-fal「アクセススチーム」基本情報

T-fal「アクセススチーム」は、高温の蒸気でシワ伸ばしをする衣類スチーマー。

洋服をハンガーに掛けたまま、スチームを当ててシワを伸ばしていきます。

同梱品は以下の通り。

 

▼ヘッドカバー / アタッチメントブラシ

左:ヘッドカバー 右:アタッチメントブラシ

 

通常のシワ伸ばしでは、ヘッドカバーを着けて使用します。

 

▼ドアフック

 

ドアにハンガーを掛けられます。

 

アクセススチームの使い方

手順はこの3ステップ。

  1. タンクに水を入れる
  2. 40〜50秒待つ
  3. スチームでシワ伸ばし!

 

1、タンクに水を入れる

背面のタンクを取り外して、水を入れていきます。

容量は200mlとかなりたっぷり目。

 

2、40〜50秒待つ

コンセントをさして背面の電源ボタンを押します。

40〜50秒待つとスチームが出てくるので、それまで少し待ちましょう。

 

3、スチームでシワ伸ばし!

こんな感じでスチームが出てきます。

あとは洋服をハンガーに掛けてシワを伸ばすだけ。

 

実例1、スーツ編

それでは実際にアクセススチームでシワを伸ばしていきます。

まずは、ぼくも一番使用頻度が高いスーツのシワから。

 

ジャケットの背中

スーツの背中。

どれだけ気をつけてもシワができる部分なので、こまめに手入れするのがめんどくさい…って人も多いはず。

これをスチーマーで伸ばしていくと…

 

こうなります!

 

どうでしょう。たくさんあったシワが消えて、かなり綺麗になっていると思います。

しかも、このシワを全部伸ばすのに10秒もかかっていないんですよ。

動画でお見せできないんですが、アクセススチームをさっとスーツに当てていくだけで、どんどんシワが伸びていきます。超気持ちいい。

 

パンツの膝裏

パンツの膝裏にできてしまうシワも…

 

この通り。

 

これも両足でかかった時間は10秒ほど。

アクセススチームは洋服の素材によってシワの伸ばしやすさが違うんですが(後述します)、スーツは本当に楽ちんです。

ぼくみたいな就活生はもちろん、毎日仕事でスーツを着る人はマストバイな商品かなと。

 

実例2、私服編

スーツのシワが簡単に伸びることは分かったので、他の洋服でも試してみますね。

綿100%、ハリのある生地のシャツです。

 

▼スチーム前はこんな感じ。全体的にかなり深いシワが寄っています。

 

スチーム後:あんまりシワが取れない

このシャツにスチームしたのがこんな感じ。

右側にだけスチームを当てて、左側はそのままにしてあります。

 

うーん…若干キレイになったとは思うんですが、満足のいく仕上がりではありません。

もちろん素材によってシワの取りやすさは変わってきますが、このスチーマーをアイロン代わりに使うのは厳しいかも。

深いシワには通常のアイロン、細かいシワをささっと取るのにはスチーマー、という使い分けがいいと思います。

 

T-fal「アクセススチーム」の良い点 / イマイチな点

良い点

  • 立ち上がりが早い(40〜50秒)
  • スチーム噴射量が多い(23g/分)
  • 給水タンクが大きく、手間が省ける

ささっとシワを伸ばしたい人にとって、電源を入れてから1分足らずで使えるのは嬉しいポイント。

後述しますが、T-falのスチーマーは他社の類似品と比べてスチーム噴射量が多く、「ハンガーに掛けて使う」という面ではかなり優れています。

給水タンクも大きいので、何度も水を汲む手間も省けますね。

 

イマイチな点

  • 本体が重い(900g)
  • 素材によってはシワが伸びづらい

Amazonレビューなどでもたくさん書かれていますが、本体がかなり重いです。

小さなシワを伸ばすだけならそこまで気になりませんが、シャツ全体に使う場合などはしんどいかも。女性が片手で使うのは1分ぐらいが限界ですね。

 

また、素材によってはシワ伸ばしが難しいです。

ウールや化学繊維の生地では簡単にシワが伸びますが、綿100%の洋服には普通のアイロンを使ったほうがいいかも。

 

Panasonicの衣類スチーマーと比較

さて、ここまでティファールの「アクセススチーム」を紹介してきましたが、この商品の競合となるのがパナソニックの衣類スチーマーです。

実際、衣類スチーマーのジャンルで最も売れているのがPanasonicで、ぼくも購入にあたってこの2つを比較してみました。

どちらも一長一短のある商品なので、自分の生活スタイルに合った方を選んでもらえればいいかと。簡単に両者の特徴を紹介しておきます。

 

メインアイロンにするならPanasonic、サブで使うならT-fal

結論から言うとこうなります。

 

パナソニックとティファール、両者の大きな違いは「プレスして使えるかどうか」。

ティファールはハンガーに掛けた衣類専用ですが、パナソニックの方は「アイロン+アイロン台」という使い方にも対応しています。

ということで、アイロンとしてもスチーマーとしても使いたいならPanasonicを選びましょう。

 

ではティファールはどんな人におすすめかと言うと、「アイロンはすでに持っているから強力なスチーマーが欲しい」って人。

スチーマーの性能だけ比べてみると、ティファールはPanasonicの2倍のスチーム噴射量です。

本体が重いのが少しネックですが、サブアイロンとしてはティファールがいいですね。

 

ズボラなあなた、衣類スチーマーがおすすめですよ。

ということで少し長くなりましたが、ティファールの「アクセススチーム」の紹介でした。

アイロンを出して、アイロン台も準備して…という手間が減るのは想像以上に快適なので、スボラなあなたはぜひ検討してみてくださいね。

 

▼ティファールの衣類スチーマー(サブアイロンとしておすすめ)

 

▼Panasonicの衣類スチーマー(メインでも使いたい人におすすめ)

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

学生ブロガー / HASHIGO編集長 / 街コンソムリエ。 大学生向け情報と街コンノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事