映画版テラスハウスを観て学んだ、非モテ男子がやりがちな3つのミス

こんにちは、いっこーです。

この前ふと気になって、テラスハウスの映画版を観たんですよ。

テラスハウスといえば、シェアハウスに住む男女6人の恋愛模様を描いた、ドキュメンタリー風ヤラセ番組です。

 

映画自体は大して面白くもなく、ああいつものテラスハウスだなあ…という感じだったんですが、20代男子としてはかなり学ぶものがあったのも事実。

結論から言うと、映画版テラスハウスでは「気になっている女の子をゲットできない決定的な理由」をいくつか垣間見れます。

非モテ男子がなぜ非モテなのか、その理由が分かっちゃうわけですね。

 

事実、こうやって偉そうに書いているぼくも、「これ昔の自分やん…だから失敗したのか…」と反省したことばかり。

映画自体は面白くもなんともないですが、「人のふり見て我がふり直せ」という言葉があるように、全男子は反面教師として一度観ておくべきかと。

この記事ではテラスハウスから学んだ、「非モテ男子がやりがちな3つのミス」について書いていきます。

 

SPONSORED LINK

はじめに:映画版テラスハウスの主役はこの3人

この映画、登場人物はたくさんいるんですが、ストーリーの中心となるのは3人だけ。

  • てっちゃん(男)
  • おたべ(男)
  • ゆいちゃん(女)

 

大まかな流れとしては、てっちゃんとおたべがヒロインのゆいちゃんを取り合います。

これが映画版テラスハウスの全て。

 

そして僕たちが(反面教師として)参考にすべきなのは、てっちゃんとおたべの言動です。

2人のゆいちゃんへの接し方をよ〜く観ておくことで、「非モテ男子のモテない所以」が絶対に分かるはず(笑)

良くない例をこの映画から学んで、実際の恋愛に活かしていきましょう。えいえいおー。

 

モテない言動その1、必要以上に低姿勢

ゆいちゃんあのさ…今度もしよかったら、暇だったらでいいんだけど…デートしない?

はいこれ!!絶対ダメ!!逮捕!!

このあと全部に共通することなんですが、てっちゃん&おたべはとにかく自信なさげ

 

美女を目の前にして怖気づくのは痛いほど分かるけど、必要以上の低姿勢ではゆいちゃんに完全にナメられます。

▼こんなフレーズは僕たちもつい言っちゃいますよね。自信のなさを露呈しちゃうのでダメです。

  • 「もしよかったら〜」
  • 「もし迷惑じゃなかったら〜」
  • 「暇だったらでいいんだけど〜」

 

僕たちが「よっしゃ!デート誘えた!」と喜んでいても、相手の女の子には

なんだこいつナヨナヨしやがってしょーもない

って絶対思われてます。

女の子を誘うときは、虚勢をはってでも堂々といきましょう。

 

モテない言動その2、気を引くためにプレゼントを用意

今日は無理して来てもらっちゃったから、プレゼント買ってきたんだ…!

はい逮捕。即逮捕。

 

てっちゃん&おたべはやたらとプレゼントを買ってくるんですが、結局これも自信がないからですよね。

自分の魅力だけでは女の子を落とせないから、プレゼントに頼ろう的な。

そんなの絶対相手にも伝わっちゃってます。

 

ぼくも昔、好きだった女の子にプレゼントを渡して気を引こうとしたことがあるんですが、まったく効果ありませんでした(笑)

プレゼントを渡して女の子をゲットできる人は、きっとプレゼント無しでも上手くいきます。逆も然り。

 

付き合う前にプレゼントをあげるのは、自信のなさを露呈するだけかなと。

結局女の子にナメられるのでやめときましょう。

 

モテない言動その3、「ごめんね」を連発

今日は無理やり誘っちゃってごめんね。
わがまま言っちゃって申し訳ないんだけど〜…

ダメ。これも逮捕。

 

ホントに相手に迷惑をかけているならともかく、なんにも悪いことしてないのに謝るのはよくない。

結局これも、「ごめんね」って言うことで自信のなさから逃げてるだけですからね。

 

つい謝っちゃう人ってぼくも含めて多いと思うんですけど、頑張ってガマンしましょう。

「無理やり誘っちゃってごめんね」なんて言うぐらいなら、「今日は来てくれてありがとう」って言うほうが100倍いいはず。

 

映画版テラスハウスから学んだことまとめ

  1. 必要以上の低姿勢はやめよう
  2. プレゼント攻撃は逆効果
  3. なんにもしてないのに謝るな

 

ちなみにテラスハウスでは、映像の間にスタジオメンバーのコメントが入ります。(YOU、山ちゃん、トリンドル玲奈など)

そのコメントでは「てっちゃん&おたべがこんなに頑張ってるのに、なんでゆいちゃんは振り向いてあげないんだ!この悪女め!」的なスタンスなんですが、明らかに悪いのは男性陣なので騙されないように。

映画の内容はまあ普通ですが、反面教師として「映画版テラスハウス」必見です。

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

学生ブロガー / HASHIGO編集長 / 街コンソムリエ。 大学生向け情報と街コンノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事