RIEDEL(リーデル)のワイングラスがあれば、普段の家飲みが3倍おしゃれになる説。

こんにちは、いっこーです。

家飲みが大好きなみなさん、グラスにはこだわってますか?

 

ぼくはもっぱらワイン派なんですが、最近超おしゃれなワイングラスを買ってしまいました。

いつもの家飲みが一気にレベルアップした気がするので、今回はそれを紹介しようかと。

 

SPONSORED LINK

RIEDEL(リーデル)のワイングラス

ぼくが買ったのはこれ。

リーデル・オー リースリング/ソーヴィニヨン 375ml」、脚がないタイプのワイングラスです。

たまーにレストランでも使われてますね。何回か見たことある。

 

RIEDELのワイングラスはめっちゃ種類があるんですが、このモデルは白ワイン向け。

こんな風に2つセットの商品です。

 

無印のグラスと並べてみた

左:RIEDEL 右:無印良品

ぼくはずっと無印のグラス(270ml)を使っていたんですが、口当たりがそこまで良くなかったんですよね。厚みがありすぎるというか。

並べてみると分かりますが、RIEDELのグラスの方が圧倒的に薄いです。

 

上から見るとこんなに違う。

左:RIEDEL 右:無印良品

 

薄いグラスで飲むお酒ってめっちゃ美味しく感じません!?

ビールもジョッキで飲むより、薄いビアグラスで飲むほうがキリッとするような。

薄いグラス信者のみなさんは、きっとこのワイングラスが気に入るはずです。

 

ワインを注いで飲んでみた

それでは実際にワインを注いで飲んでいきます。

ぼく的に大定番、レッドウッドシャルドネを用意しました。KALDIで600〜700円で買えます。

 

あらまあおしゃれ。

 

一口飲んでみると…

 

全然違う!!!

 

無印のグラスで飲んでいたときと明らかに味が違います…!

厚いグラスではどこかもったりした印象だったんですが、RIEDELで飲んでみると、キリッと感・爽やかさがかなり引き立ってる。

「グラスで味なんて変わるんかよ」と半信半疑だったんですが、これは納得ですね。

 

RIEDELグラスの良いところ / イマイチなところ

まだ少ししか使っていないですが、このグラスの良いところ・イマイチなところをざっと書いておきます。

 

RIEDELグラスの良いところ

  • 薄いグラスで、飲み物が本当においしくなる
  • 脚がないのでかさばらない・倒れにくい
  • 見た目が超おしゃれ

一番はやっぱり飲み物がおいしくなること。これホントだからぜひ試してほしい。

あとはフォルムが独特なので、おしゃれ感が一気に増します。脚付きのグラスより手軽に使えるのもいいよね。

 

RIEDELグラスのイマイチなところ

  • 絶対すぐ割れる(笑)
  • ちょっと洗いにくい

Amazonレビューでも散々書かれてるんですが、このグラス絶対すぐ割れます(笑)

薄いから仕方ないけど、きつく握ったら割れちゃいそう。取り扱い注意。

あと、飲み口が狭くなっているので中まで洗うのが少し大変かなと。

 

ワイン好きのあなた、ぜひお試しあれ。

まあ色々書きましたが、このグラスめっちゃ気に入りました。

家飲みのグラスにこだわるってなんだか大人っぽいし。満足度上がりまくりです。

ワイン好きのあなた、ぜひ試してくださいな。

 

▼ぼくが買った白ワイン用

 

▼赤ワイン用(サイズが大きいので女性の手には余るかも。特にこだわらないなら、白ワイン用の方が使いやすいです)

The following two tabs change content below.
いっこー@大学4年

いっこー@大学4年

来春からIT企業に就職する大学生。就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。大阪住みの23歳。 ▶いっこーのTwitter詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事