メルカリを使わず直接取引!「polca」を送金サービスとして使う全手順

いっこー
こんにちは!メルカリが嫌いな大学生、いっこーです。

「メルカリ」「フリル」といったフリマアプリが一般的になって、個人間でモノの売買が簡単にできるようになりました。

でも中には、「フリマアプリを使わずに直接やりとりしたい!」という人も多いはず。

 

少なくともぼくがその1人で、メルカリでは「値下げしてください!」とすぐに言ってくる人が多すぎて嫌なんですよね(笑)

相場より安くてもいいから、リアルな知り合いとスムーズに取引したい、って気持ちのほうが強いわけです。

 

でもフリマアプリを使わずに直接やりとりする場合、ネックになるのが「どうやってお金を支払ってもらうか」という点。

近くに住んでいる人なら現金を手渡ししてもらえばいいですが、ネットで繋がっているだけの知り合いや、遠くに住んでいる人からお金を受け取るのは大変です。

銀行振込も手数料が必要&支払い確認に時間がかかるのでなるべく避けたい…。

 

というわけでこの記事では、「polca」というアプリを使って、お金のやりとりを超スムーズに完結させる手順を解説していきます。

 

アプリとクレジットカードさえあれば簡単にお金のやりとりができるので、「遠くに住んでいる人からお金を集めたい」という人はぜひ参考に。

 

SPONSORED LINK

フレンドファンディングアプリ「polca」

今回使用する「polca(ポルカ)」は、フレンドファンディングアプリとして提供されているもの。

自分の企画したプロジェクトに対して、少額(300円〜)から支援を募ることができるアプリです。

polca(ポルカ)- フレンドファンディングアプリ

 

たとえばこんな感じ👇👇

留学に行く友達のために、パーティ会場を貸し切って送別会がしたい!その費用として3万円を支援してください!

polca内で企画を立ててリンクをシェアすれば、趣旨に賛同してくれた人からお金が集められる、って仕組みです。

 

そんな「polca」ですが、今回は単純に「送金サービス」としてこのアプリを使っていこうかなと。

フリマアプリを使わずにモノの売買をしたい!という人におすすめの集金方法です。

 

値段の交渉などは事前に済ませておく / polcaを使う前に

この記事では「遠くに住んでいる相手にモノを売る」場合を想定しています。

polcaが使えるのは「お金を支払う→お金を受け取る」部分だけなので、それ以外の

  • 値段交渉
  • 商品のコンディションの確認
  • いつ発送するか

などは事前にやりとりしておいてください。

 

ぼくはTwitterのDMでやりとりしました

ぼくが実際に売ったのは電子書籍リーダーの「Kindle」で、上のツイートにリプライをくれた人に7000円でお譲りしました。

  1. TwitterのDMで「値段」「商品状態」などをやりとり
  2. お金の支払いは「polca」内で
  3. 支払いを確認して発送

という流れです。

 

TwitterやLINEのメッセージで条件などをやりとりしたら、polcaを使って代金を支払ってもらいましょう。

以下、その手順を解説していきます👇👇

 

polcaをダウンロードして企画を立てる / polcaで集金する手順①

まずはpolcaアプリをダウンロードします。

アカウント作成には「電話番号を入力→SMSで送られてきた4桁の番号を入力」が必要。

アカウントが作成できたら、画面下の「はじめる」から企画を立てましょう。

 

タイトル、写真を設定する / polcaで集金する手順②

次に、企画のタイトルと写真を設定します。

モノを売る場合なら、

  • タイトルは「商品名」
  • 写真は「実際の商品の写真」

で大丈夫。

 

写真の添付は自由ですが、購入者に不安を与えないためにも設定しておくのが無難です。

 

目標金額を入力する / polcaで集金する手順③

目標金額は「商品の値段」に設定しましょう。

ぼくはKindleを7000円でお譲りしたので、その金額を入力しています。

polcaで一度に集められるのは300円〜10万円までです。

 

一人あたりの支援金額を入力する / polcaで集金する手順④

polcaは本来、「ひとり300円ずつ支援してもらって1万円集めよう」といった使い方をするもの。

「一人あたりの支援金額」を設定する必要がありますが、モノの売買の場合は目標金額と同じでOK。

7000円を1人から集めるので、一人あたりの金額も「7000円」としています。

 

送金サービスとして使うだけなので、「お返し」の欄も自由に書いておきましょう。

一人あたりの金額で設定できるのは300円〜3万円までです。一人だけから集金する場合、3万円までの商品しか売れないので注意。

 

お礼のメッセージを設定する / polcaで集金する手順⑤

相手の支払いが完了したときに表示されるメッセージです。

自由に設定しておきましょう。

 

企画作成はこれで完了 / polcaで集金する手順⑥

ここまでで企画作成は完了です。

1分もあればできるはず。

 

リンクをシェアする / polcaで集金する手順⑦

支払いを依頼する相手にpolcaのリンクをシェアします。

「アドレスをコピー→TwitterやLINEに貼り付け」がいちばん簡単かと。

 

支払い完了を待ちます / polcaで集金する手順⑧

リンクが送られてきた相手は、polcaアプリ内で支払いができます。

VISAかMasterCardのクレジットカードが使用可能。

支払いが完了するのをしばし待ちましょう。

 

支払いを確認したら企画を終了する / polcaで集金する手順⑨

商品代金が支払われたのを確認したら、その時点で支援を締め切りましょう。

(画像には写っていませんが、ページ下部に支援を締め切るボタンがあります)

 

商品を発送する / polcaで集金する手順⑩

迅速発送のほうが嬉しいよね!

 

代金の振込申請をする / polcaで集金する手順⑪

polca内で支払われたお金は、現金として引き出すことができます。

アプリのトップページから振込申請をタップ。

 

口座情報を入力して振込申請を完了。5営業日のうちに入金されます。

2017年9月時点で、振込手数料は無料です。

 

銀行振込と比べると圧倒的にスムーズ!

これでpolcaを使った集金は終わりですが、ためしに銀行振込を使った場合と比較してみます。

▼銀行振込の場合

  • 支払いの手続きが面倒(ATMに行く、相手の口座番号を入力する…)
  • 銀行が違うと手数料がかかる
  • 入金を確認するのに時間がかかる

 

▼polcaを使った場合

  • 支払いの手続きが面倒polcaリンクからクレジットカードで支払うだけ
  • 銀行が違うと手数料がかかる支払いに手数料はかからない
  • 入金を確認するのに時間がかかる入金後すぐにアプリに反映される

 

圧倒的にpolcaのほうがスムーズですよね。

個人間でお金のやりとりをする場合、銀行振込は面倒くさすぎてやってられません。

 

集金が面倒なこんなときにも使える!

polcaで集金できる「10万円」を超えなければ、こんな場合にも送金サービスとして便利です👇👇

  • 飲み会代を集めるとき(目標金額3万円で、10人から3000円ずつ集める)
  • 大量の小銭を集めるとき(polcaで集金すれば数える手間もナシ)

 

大学のサークル活動とかでも使えそうですね。

「BBQの参加費500円を50人から集める!」とかマジ大変じゃないですか。

polcaでリンク送れば一発だし、アプリ上に「誰が払ったか」のログも残るので確認しやすいです。

 

送金サービスとして「polca」使ってみて!

ってことでフレンドファンディングアプリの「polca」は、送金サービスとしても使えます。

  • フリマアプリを使わずに物販をする人
  • 飲み会の集金をする人
  • たくさんの小銭を集めなきゃいけない人

など、ぜひぜひ試してみてくださいー!

polca(ポルカ)- フレンドファンディングアプリ

 

The following two tabs change content below.
いっこー@大学4年

いっこー@大学4年

来春からIT企業に就職する大学生。就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。大阪住みの23歳。 ▶いっこーのTwitter詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事