時給以上のお金をゲット!アルバイトを「投資」にする全ステップを徹底解説するよ

こんにちは、いっこーです。

いきなりですがみなさん、「大学生のバイト」と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

  • お金のためにとりあえず働かなくちゃ……
  • 早く時間が過ぎてほしい……
  • バイトは社会経験になるってホンマかよ
  • もっと楽しく働けたらいいのに……

 

ネガティブなことばかり羅列しましたが、これは実際にぼくが居酒屋バイトをしていたときに感じたことです。

居酒屋では約2年間働きましたが、一度も「働いていて楽しい!」と思ったことはありませんでした(笑)

 

その後もいくつかのバイトを経験しましたが、ぼくはずっと「アルバイトは1時間=900円で時間とお金を交換するだけで無意味だ!」と考えていたんですよね。

ブログやライター業といった、「雇われずに稼ぐ」を実践していたことも相まって。

参考: 大学生はバイトするよりも、雇われずに100円でも稼ぐべき3つの理由。

 

でも最近、ちょっと考え方が変わってきまして。

大学生はバイトなんかするよりも自分の力で稼ごうぜ!派のぼくでしたが、「バイトを上手く利用できればこれ以上最高なものはないな」と考えるようになったんです。

 

ほとんどの大学生にとってアルバイトは「めんどくさいけどやらなきゃ」って存在だと思うんですが、上手に活用できれば時給以上のお金を生み出せる「投資対象」になるんじゃないかと。

がっつり書いていくので、「バイトだりいな…」って感じている大学生はぜひ読んでみてください。

 

SPONSORED LINK

だるいアルバイト=「時間とお金を交換するだけ」の仕事

まず最初に、ほとんどの大学生がしている「普通のバイト」について。

結論から言うと、アルバイトがくそだりい……と感じるのは「時間とお金を交換するだけ」の仕事だから。

スポーツジムでバイトするA子ちゃんは「1時間=900円」という時給で働いています。時給制では働いた時間に応じて給料が支払われるので、A子ちゃんがどれだけ頑張っても(逆にどれだけサボっても)、貰える金額は変わりません。

 

A子ちゃんの1時間に対して支払われるのは900円で、それ以上でもそれ以下でもない。この「時給という働き方」が、大学生がバイトに対してやる気を出せない大きな原因じゃないかと。

言ってしまえば誰でもできる仕事だし、自分がどれだけ頑張っても1時間につき900円のリターンしか手にできないわけですから。

 

投資としてのアルバイト=「時給900円」以上のリターンを手にできる仕事

普通のアルバイトが「時間とお金を交換するだけ」の仕事だと書きました。

対してぼくが提唱したい「投資としてのアルバイト」とは、簡単に言うと「時給以上のリターンが見込める仕事」のこと。

1時間=900円と固定された時給バイトに対して、1時間に「900円+α」のお金を生み出せるのが投資対象としてのアルバイトの考え方です。

 

……と言っても、世の中に「投資対象としてのバイト」がはじめから存在しているわけじゃありません。リターンを得やすいジャンルの仕事は確かにありますが(後述します)、大事なのはどうやってその仕組みをつくるか?という点。

アルバイトを「時間とお金の交換」で終わらせず、何倍ものリターンを得られる仕組みをつくれればこっちのもんです。

難しいことは1つもないので、順に説明していきますね。

 

アルバイトを投資にするための5ステップ

「投資としてのバイト」の仕組みはこの図の通り。

正直ここで記事を終わらせてもいいんですが、詳しくはこういうことです。

  1. バイト先で普通に働く
  2. 働いた時間に応じた給料をもらう
  3. バイトで得た経験や知識をまとめる
  4. ブログやYouTubeでコンテンツとして発信する
  5. コンテンツに対してお金が支払われる

 

普通のアルバイトとどこが違うか分かるでしょうか?

「時間とお金を交換するだけ」のバイトは①②までで終了ですが、「投資としてのバイト」には③④⑤が追加されています。

バイトで得た経験や知識をコンテンツとして発信して、時給以上のリターンを得よう。

これが、ぼくの言う「投資としてのバイト」のすべてです。

 

街コンスタッフとして働くぼくの例

ここで具体例を1つ。ぼくは街コンスタッフのアルバイトをしているんですが、上の5ステップに当てはめるとこうなります。

  1. 街コンスタッフとして勤務する(時間を投資)
  2. 1時間=1000円の給料をもらう(時給が支払われる)
  3. 街コンイベントで経験した知識・ノウハウをまとめる(街コンの流れ、おすすめの服装、参加者の雰囲気など)
  4. ブログ記事として発信する
  5. ブログの広告収入を得る(時給以上のリターン)

 

この記事を書いている時点ではまだ働き始めたばかりなので、「⑤ブログの広告収入を得る」までは達成していません。

でも「バイト経験をコンテンツにして発信」を繰り返していけば、半年後には確実に結果が出ているはず。道のりは正直分かりきっているので、淡々と発信を続けていくだけなんですよね。

 

しかも街コンの知識・ノウハウを得るためにお金は一切かかっていません。それどころか、働いた時間に応じて時給が払われているわけです。

 

アルバイトとして街コンに関わることで、普通の人は持っていない知識やノウハウを「お金を貰いながら」ゲットできるのはどう考えても最高。

単純に「時間とお金を交換するだけ」のアルバイトがバカバカしくなってきませんか?

 

投資としてのバイトに必要なのは「発信チャネル」と「珍しい仕事」

バイトを投資にするための5ステップは以上の通りですが、これを実践するためには「発信チャネル」と「珍しい仕事」のふたつが必要になります。

1つずつ説明していきますね。

 

コンテンツを世に送るための「発信チャネル」

バイト経験から得た知識やノウハウをTwitterで発信するのもいいんですが、あくまでぼくが目指すのは「時給以上のお金のリターン」をゲットすること。

そのためには、コンテンツがお金に繋がる発信チャネルを持つ必要があります。

  1. 広告収入を得られるブログ
  2. 広告収入を得られるYouTube
  3. コンテンツを有料販売できるnote

 

代表的なのはこの3つ。

元々SNSでフォロワーが多く、コンテンツを有料販売できそうな人はnoteが手っ取り早いです。

現時点では大して影響力がないな……という人は、ブログかYouTubeでこつこつ発信し続けましょう。見てくれる人が多くなればなるほど、広告収入としてお金を得ることができます。

 

珍しい経験ができる職場(できればヒトの悩みに直結するもの)

発信チャネルを用意したら、次は「どんなバイトをするか」という点。

現段階でバイトをしている人には申し訳ないんですが、珍しい経験ができる職場(できればヒトの悩みに直結するもの)がおすすめです。

 

というのも、普通の「居酒屋バイト」「家庭教師バイト」ではコンテンツになりにくいんですよ。経験として珍しくないし、特別な知識やノウハウも身につきません。

逆に「美容」「恋愛」など、人間の悩みやコンプレックスに直結する分野は簡単にコンテンツ化できます。

友達にガールズバーでバイトしてる子がいるんですが、「おっさんが女子に嫌われないための外見足切りポイント」「恋愛におけるLINEの使い方」みたいにネタにし放題ですよね。ぼくの街コンスタッフも同様です。

 

こういうことを書くと「人の不安につけ込むな!」とか言われそうですが、需要があるのはやっぱり「コンプレックスを感じるジャンル」なんですよ。

必要以上に不安を煽ってお金を取るのは最悪ですが、自分の経験や知識をフル動員して価値提供するのはむしろ歓迎されること。

バイトとして実際に働いているからこそ「リアルなコンテンツ」を発信できるので、中身スカスカのまとめ記事に負けることもないはずです。

 

ってことでまとめるとこうなる

こんなことを考えてバイトしている大学生は100人に1人もいないので、上手いことやれば頭ひとつ抜けた存在になれるはず。

ぼくも「投資としてのバイト」を実践していくので、めっちゃいいじゃん!と思ったあなたもぜひ試してみてくださいなー!

Twitterでも大学生向け情報を発信しています。

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事