「孤独のグルメ」は、男心をくすぐる最高の飯テロドラマだ。

こんちゃっす、いっこーです。

突然なんですけど、「人がごはんを食べているところを見る」のが好きなんですよ、ぼく。

 

これだけ聞くとなんだか変態チックな響きですが、まあこんな感じです。

  • 食レポをするYouTuberが好き
  • ごはんをよく食べる女の子が好き
  • とりあえずごはんを食べているところを見たい

 

こんな感じで「ごはんを食べているところフェチ」なぼくですが、そんなぼくが愛してやまないドラマを1つ、今日はご紹介しようかなと。

松重豊さん主演のドラマ、「孤独のグルメ」です。

 

先に言っておきますが、「孤独のグルメ」は最高の飯テロドラマ。

「ごはんを食べているところを思う存分眺められる部門」ダントツの1位です。

 

ぼくはあんまりドラマを見ないんですけど、これだけは別格!

何回も何回も見返して、お気に入りのエピソードがいくつもあります。

人気ドラマなので知っている人も多いかもしれませんが、とりあえず魅力を語らせてください。

ほないくでー!

 

SPONSORED LINK

「孤独のグルメ」のあらすじ

孤独のグルメを一言でいうと、「おっさんがごはんを食べている様子をただただ眺める」だけのドラマ。

ほんとにそれだけ。それ以上でもそれ以下でもありません。

 

主人公のおっさんが、松重豊さん演じる井之頭五郎(いのがしらごろう)。通称「五郎さん」。

ぼくたち観客は、五郎さんが美味しそうにごはんを食べる様子をひたすら眺める、というわけです。

 

これだけ聞くと「そんなドラマの何がおもしろいんだよ(笑)」と思いがちですが、百聞は一見にしかず。絶対あなたもハマりますよ。

 

五郎さんのプロフィール

五郎さんの職業は、個人経営の雑貨輸入商。

自分のお店を持たずにひとりで仕事をしていて、仕事の合間に立ち寄った店で食事する様子を描いたのが「孤独のグルメ」です。

 

ちなみに五郎さんはまったくお酒が飲めず、入った店で「いや、飲めないんで」とお酒のすすめを断ることがしょっちゅう。

そのたびに「ええー!すごく飲みそうな顔してるのに!あはは!」とイジられるのがお決まりの展開です。

 

「孤独のグルメ」のストーリー

「孤独のグルメ」は1話完結型のストーリーで、いつもこんな感じで話が進んでいきます。

  1. 五郎さんが関東近辺の駅に降り立つところからスタート
  2. 輸入雑貨の仕事でお客さんと打ち合わせ・商談
  3. 商談が終わって、五郎さんのお腹が空いてくる
  4. 「この街でなにを食べよう…」とお店探しをはじめる
  5. 気になるお店を見つけて入店
  6. メニューを悩みながら決める
  7. ひたすら美味しそうに食べる(←ここがメイン!)
  8. 満足して帰路につく(←ここで本編終わり)
  9. 「孤独のグルメ」原作者の久住昌之が実際にお店訪問

 

ドラマの中で五郎さんが食事をするのは、すべて実際に存在するお店。

ほとんどが関東近郊の飲食店ですが、すべてが実在するお店で、五郎さんが食べているのも実際のメニューです。

店員さんやお客さんにはもちろん役者を使っていますが、このリアリティがいいんですよね〜。

 

「孤独のグルメ」の魅力

「孤独のグルメ」は現在シーズン5まで続いているんですが、本当はシーズン3までで放送は終了予定だったそう。

でも熱狂的なファンから「次はいつ?」という問い合わせが多数寄せられて、現在まで続く人気ドラマになりました。

そんな「孤独のグルメ」の魅力は本当に語り尽くせないほどあるんですが、いくつかを紹介させてください。

2017/01/03 追記

「孤独のグルメ」の続編、シーズン6の制作も決定しました!

今から待ちきれません…!!

 

五郎さんの食べっぷりが素晴らしい

シーズン1「川崎市 八丁畷の一人焼肉」より

まずはやっぱりこれですね。

五郎さんの食べっぷりが見ていてほんとに気持ちいい。

 

五郎さんはいつも1人でごはんを食べるんですが、毎回「ひとりじゃ食べきれないでしょ!」という量を頼んでしまいます。

▼シーズン1に登場するお好み焼き屋さんではこんな感じ。

  1. 具材が山盛り入ったお好み焼き
  2. タコの広島ネギとゆずポン酢
  3. カキの香草バター焼
  4. ホタテのガーリック焼

シーズン1「世田谷区 下北沢の広島風お好み焼き」より

 

「いかんいかん…ついつい調子に乗って頼みすぎてしまった…」と心の声で語るのが定番なんですが、五郎さんの食べっぷりが最高です。

美味しそうに食べるもんだから、こっちまでお腹が空いてくる。

完全に飯テロですね。

 

実際のお店が登場するリアリティ

シーズン3「北区赤羽のほろほろ鳥とうな丼」より

さっきもちらっと書きましたが、「孤独のグルメ」に登場するのはどれも実在するお店。

五郎さんが食べているのも、実際にお店で提供されているメニューです。

 

しかも登場するお店は「下町の大衆食堂」的な雰囲気のところばかりで、高級店やおしゃれなお店は一切出てきません。

仕事終わりにたまたま見つけたお店で、常連客に囲まれながらひとりごはんを食べる。

このなんともノスタルジックな感じが「孤独のグルメ」の魅力なんです。

 

五郎さんの心の声で「余白」を楽しむ

シーズン3「東京都文京区江戸川橋の魚屋さんの銀だら西京焼き」より

「孤独のグルメ」では五郎さんがひとりで食事を楽しむので、基本的に会話シーンはあまりありません。

ドラマ前半の商談シーン、店員さんとの会話シーン以外は、「五郎さんの心の声」がナレーションとして吹き込まれています。

 

そして食事中の心の声でも、五郎さんはあまり多くを語りません。

▼ナレーションはこんな感じで淡々と吹き込まれています。

うーん…おお…

美味さが波状攻撃を仕掛けてくる…

あ、これもいい。

うーん…まったく納豆ってやつは…

地味なふりしてとんでもない業師だ…

 

つまり観客が見ているのは、ほとんどが五郎さんが黙々と食べ続けるシーンなんですが、これが「孤独のグルメ」最大の魅力だとぼくは思っています。

五郎さんが静かにごはんを食べる姿と、ときたま挟まれる心の声に「余白」を感じるというか。

 

多くを語らない五郎さんと、アップで映し出される料理。

言葉での説明を最小限にしているおかげで、観客は「1を見て10を想像する」感じでこのドラマを見ているはずなんです。

五郎さんの独白が淡々と続く演出、めちゃくちゃクセになっちゃうんですよね…

 

そして五郎さんが食事しているのは大衆食堂のカウンター席。

スーツ姿で静かに「いただきます」と言って、背筋を伸ばしてもりもり食べていく。

寡黙で礼儀正しい「孤高の存在」という感じが、めちゃくちゃ男心をくすぐるんです

男のロマンというか、憧れというか。

 

「こんなおっさんになりてえ〜…」と思わせてくれます。

五郎さん最高。

 

脇を固める役者陣が絶妙

シーズン4「東京都八王子市小宮町のヒレカルビとロースすき焼き風」より

孤独のグルメに登場するお店はどれも実在していますが、そこの店員や客は役者さんが演じています。

たまに小日向文世や柴田理恵などの有名俳優も登場しますが、ほとんどが見たことのない役者さんばかり。

でもこの役者陣が、ほんとにいい味出してるんですよ。

 

ドラマの中ではお客さん同士、店員とお客さんの会話がところどころにあるんですが、その「間」がなんとも絶妙なんです。

演技が上手いか下手かと言われると「下手」なんだけど、そこがまたリアルというか。

一般人っぽい人が演じているおかげで、大衆食堂な感じがより引き立っています。

お客さんの会話に五郎さんが心の中でツッコむシーンも、「孤独のグルメ」の定番ですね。

 

ぼくのお気に入りの回TOP3

「孤独のグルメ」にはシーズン1〜5までの60話、特番として放送されたシーズン0が3話あるんですが、その中からぼくのお気に入りをいくつか紹介してみます。

正直どの回も最高なんですが、何度も見返しまくっているやつを選んでみました。

 

1位: 川崎市八丁畷の一人焼肉(シーズン1)

シーズン1「川崎市八丁畷の一人焼肉」より

はい!断トツ1位はこれ!

控えめに数えても10回以上は見返している、川崎市のひとり焼肉です。

「孤独のグルメ」では1シーズンに1回、絶対に焼肉屋さんの回があるんですが、その中でもお気に入りがこれ。

 

ふつうの飲食店では料理ができあがってから運ばれてきますが、焼肉屋では五郎さんが肉を焼いているところも楽しめるのがいいんですよね〜。

「ひとり焼肉ってなんだか忙しいな…」「ああ…ぼうっとしてる間に肉を焦がしてしまった…」など、五郎さんの心の声もなんだか可愛い。

 

しかもこのエピソードは、五郎さんが焼肉をカウンターで食べている唯一の回なんです。(他の焼肉屋さんではテーブルで食べている)

孤独のグルメの醍醐味は「カウンターで五郎さんが1人黙々と食べている」ことだと思うので、やっぱりこの回が最高。

 

他のお客さんもおっさんばかりで、「肉と戦ってる」感じがめちゃくちゃいいんです。

▼五郎さんが頼んだメニューも盛りだくさんで、ただの飯テロ。はらへった。

  • カルビ
  • ハラミ
  • コプチャン
  • ジンギスカン
  • シビレ

 

「孤独のグルメを見たことがない!」という人生損してるみなさんは、ぜひこの回から見てみてください。

サイコーな気分になれます。

 

2位: 真夏の博多出張編(シーズン0)

シーズン0「真夏の博多出張編」より

特番として放送されたシーズン0では「博多出張編」「旭川出張編」「宮城出張編」の3つがあるんですが、ぼくはこの博多出張編が大好き。

放送時間が通常回よりも長いので、五郎さんの食べる様子をたっぷり見ることができます。

 

この回のなにが良いかって、「博多といえばラーメン!明太子!」的な要素がまったくないこと。

五郎さんが食べたのは、昼の「丸天うどん」、夜の「鯖ごま」「若どりスープ炊き」など。

ぼくも大阪人なので詳しくは分からないけど、(たぶん)地元の人がふだんから食べているメニューを登場させているのが、めちゃくちゃ粋だなあ〜と思うのです。

 

しかも夜に行った居酒屋では、ゴリゴリの博多弁を話すお客さんたちに「東京の人、かっこよか〜〜」「酒飲めんとか!?」といじられまくるのが面白い。

▼出てくるメニューもめちゃくちゃ美味しそうで、これを見た人は絶対「博多行きてえ〜〜」って思うはず。それぐらい美味しそう。

  • 鯖ごま
  • 鯵納豆
  • 若どりスープ炊き
  • 変わり茶碗蒸し

 

3位: 人形町の黒天丼(シーズン2)

シーズン2「人形町の黒天丼」より

3位はこれ!人形町の天ぷら屋さんです。

これを好きな理由はひとつしかなくて、「下町の天ぷら屋のカウンターで、ひとり天ぷらを楽しむ様子がめちゃくちゃかっこいいから」。

 

なかなかひとりで天ぷら屋さんとか行けないですよね。

それを「いいじゃないか…いいじゃないか…」と食べている五郎さんが、めちゃくちゃ粋でかっこいい。こんな大人になりたいです。

 

▼注文してるネタも渋くて、もう五郎さん大好き。

  • お新香
  • めごち
  • 玉ねぎ
  • はす
  • 黒天丼

 

「孤独のグルメ」は、男心をくすぐる最高の飯テロドラマ

てな感じで「孤独のグルメ」について少々熱く語ってきましたが、ほんとにこれは最高の飯テロドラマです。

ぼくも最初は「食べるだけのドラマってほんまにおもろいんか?」とか思ってましたが、今ではドハマり。もう抜け出せません。

 

「〜〜してないとか人生半分損してるよ」とはよく言ったものですが、「孤独のグルメ」を見てないあなたは人生の5%ぐらいはきっと損してます。

個人的に「孤独のグルメについて語り合う飲み会」をやりたいので、ぜひあなたも。

あっ、夜中に見ると当然お腹がすきますよ。ご注意あれ。

 

「孤独のグルメ」を全話見るなら!

「孤独のグルメ」をさんざん語ったというわけで、これまでのエピソードを全話見返すなら「dTV」または「Amazonプライム」での視聴がおすすめです。

 

dTVで「孤独のグルメ」を見る!

dTVは、ドコモが提供している映画・ドラマの見放題サービス。

見放題サービスではHuluとNetflixのイメージが強かったんですが、作品数と会員数はdTVが1位なんですよね。びびった。

 

しかも月額500円で利用できて、動画配信サービスの中では断トツで安いです。

もちろん「孤独のグルメ」はシーズン0〜5まで全部見れますよ。

 

最初の31日は無料のお試し期間があるので、気軽に登録してみればいいと思います。

もちろんお試し期間内に解約すればお金は一切かかりません。

ケータイがドコモ以外の人でも利用できるのでご安心あれ。

 

Amazonプライムで「孤独のグルメ」を見る!

ぼくが利用してるのはこっち。

Amazonの有料会員サービス、「アマゾンプライム」です。

 

▼Amazonプライムには特典がありすぎて紹介しきれないんですが、ざっと挙げておくとこんな感じ。

  1. お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料
  2. Prime Musicで100万曲以上が聴き放題
  3. プライム・ビデオで映画・ドラマが見放題
  4. Kindle本が毎月1冊無料になる
  5. Kindle端末が4000円引きで購入できる
  6. Amazonパントリーが使える
  7. プライムフォトで写真が容量制限無しで保存できる

 

ぼくは映画・ドラマの見放題サービス、「プライムビデオ」で孤独のグルメを見ています。

こちらもシーズン0〜5まで、全ての回を見ることができますよ。

 

そんなAmazonプライムのなにが良いかって、会員料金が安すぎること。

一般は3900円/年、学生だと1900円/年です。

月額じゃないですよ。年額です。

 

つまり一般では月額325円、ぼくみたいな学生だと月額160円で、上のサービスが使い放題。

…これを使わない人って、よほどの情弱だとぼくは思っています。すいません。

 

とりあえず特典が多すぎてここでは紹介できないので、ぜひ詳細を確認してみてください。

Amazonプライムも30日間のお試し期間があります。お気軽にどうぞ。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です