2018卒のぼくが教える、5社中3社で内定ゲットした就活戦略【概観と自己紹介】

こんにちは、いっこーです。

ぼくは大阪在住の現役大学生なんですが、大学生にとっての一大イベントはやはり「就活」ではないでしょうか。

これを読んでいる人の中にも、こんな悩みや疑問を持つ学生がいると思います。

  • 就活ってまず何から始めればいいの?
  • 自分の経験をどうやってアピールすればいい?
  • 他の就活生と差別化できる方法が知りたい
  • 就活を終えた先輩のエピソードを聞きたい

 

今でこそこうしてブログを書いていますが、就活を目前に控えた大学3年生のころ、ぼくも同じような悩みや疑問を持っていました。

いっこー
もうすぐ就活やけど何から始めればいいんやろ……大学時代に経験したことも普通やし、ちゃんと内定貰えるんかな……

 

そんな悩みを抱きながら2018卒として就活を始めたぼくですが、結果から言うと「5社面接を受けて3社に内定」。

そこそこの好成績を残して就活を終えることができました。

 

でもこの結果、「まぐれで受かった」「倍率が低かった」というラッキーパンチではありません。

特に秀でた経験や強みのないぼくですが、「他の大学生とどうやったら差別化できるか」という一点だけを考え、就活戦略を練ったことがこの結果に繋がっています。

 

そして、その就活戦略をすべて記録するために書いているのがこのブログ。

2万字を超えるボリュームになってしまったので、5記事に分けて書いていくことにしました。

 

就活対策のノウハウは世に溢れていますが、このブログがあなたの就活に少しでも役に立てば嬉しいです。

とはいっても、ほとんどの読者にとっては「そもそもお前誰やねん」状態なはずなので、まずはさらっと自己紹介を。少し詳しい選考結果も合わせてお伝えしようと思います。

 

SPONSORED LINK

いっこーの自己紹介

  • 名前:いっこー
  • 大学:神戸大学(地方国立大)、文系
  • 志望業界:IT
  • 経験したバイト:居酒屋、ラーメン屋、データ入力
  • 趣味:ごはんとお酒
  • マイブーム:乃木坂46

 

ぼくの就活結果

5社中3社に内定を頂きました。(選考辞退した企業は数に含めていません。ESで落ちたことはないので、面接を受けた企業が5社だとお考えください)

  • Webマーケティング(※特別選考枠で内定)
  • 広告(東証一部、企業力ランキング300選出)
  • Webサービス(東証二部、大手グループ会社)

 

あなたの就活に戦略はあるか?

ぼくが受けた企業は、5大商社や電通などいわゆる「超・難関企業」ではないですが、結果的に5社中3社内定。打率6割と、かなり省エネで就活を進められたことは事実です。

しかしその一方で、「とりあえず30社にエントリーして片っ端からESを提出。自己分析やES対策に時間をかけたはいいものの、なぜか面接が上手くいかない」といった就活生が多いのも事実。

超省エネで就活を進めたぼくと、むやみやたらな博打就活に挑む学生。この違いは何なのか。

 

ひとことで言ってしまえば、それは「戦略の有無」です。

ぼくは最短ルートで就活を終えるために、「大半の就活生はこんな戦い方をするに違いない。そこで差別化を図るために、このポイントに力を入れよう」という就活戦略を立てました。

 

一方で、大半の就活生は「なんとなく」でしか戦い方を考えていません。その結果、

  • とりあえず自己分析とTOEICに力を入れる
  • 「学生時代に頑張ったこと」を無理やり綺麗なエピソードにする
  • ESは上手く書けたはずなのに、なぜか一次面接で落とされまくる

といった失敗に繋がるわけです。

 

就活解禁前はぼくも戦略のない学生だった

もう少し自己紹介を続けさせてください。

今でこそ偉そうにブログを書いていますが、2017年3月1日、いわゆる「就活解禁日」までは、ぼくも戦略のない無個性な就活生の1人でした。

その証拠といってはなんですが、先ほど書いたぼくの選考結果を時系列に並べるとこうなります👇👇

 

お祈りされてしまった2社はいずれも、3月1日の就活解禁前に受験した企業。そしてこの頃のぼくは、なんの戦略もない「普通」の就活生でした。

  • 就活対策はまず自己分析から
  • 自分の経験から自己PRと志望動機をひねり出す
  • 面接では暗記した文章をひたすら暗唱する

 

「自己分析をして自分の強みを知る。そして学生時代に頑張ったことや自己PRを整理」というのは就活の王道ですが、これがイマイチ上手くいかなかったんですよね。

「いやいや、2社しか受けてないんだから運が悪かっただけじゃね」と思われるかもしれませんが、ぼくは肌感覚で「このまま同じ戦い方をしていてはダメだ」と感じていました。

他の就活生と差別化できる戦略が必要だな、と。

 

当たり前を完璧に実践する

そこでぼくが実践したのが、この後の記事で詳しく書いていく就活戦略です。

ただ最初に書いておくと、「目から鱗の就活テクニック」なんてものは一切ありません(笑)ぼくが力を入れたポイントは、ある意味「え、そんなの当たり前じゃね?」と思われることばかり。

 

でも一つ言わせていただくと、「そんなの当然でしょ」と思っていることを大半の就活生は実践できていません。むしろないがしろにしすぎです。

すると結果的に、「当たり前のことを完璧に実践するだけ」で、大半の就活生と差別化できちゃうんですよね。

ほとんどの学生が「学生時代に頑張ったことをどれだけ珍しくできるだろう…」なんて考えている中、こんなにありがたい話はありません。

 

続きは本編で!

ということで、具体的な就活戦略は続きの記事で書いていこうと思います。

全部で4つのパートに分かれているんですが、ざっとした内容は以下の通り👇👇

マインドセット編

  • 就活の始め方
  • 内定を取るためのマインドセット
  • 就活生が勘違いしている対策の順番
外見編(男性向け)

  • 就活生が改善すべき5つの外見ポイント
  • 就活生が持っておきたい身だしなみグッズ
振る舞い編

  • 面接での話し方5つのポイント
  • 就活生が面接で失敗する原因
  • 面接で使える会話テクニック
エピソード編

  • 「学生時代に頑張ったこと」の書き方・話し方
  • 伝わるエピソードにするための構成
  • ぼくが実際に使っていた自己PR例文

 

2018卒としてぼくが実践したノウハウをすべて公開しているので、これから就活を迎える大学生はぜひ参考にしてください!

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事