18卒内定者が教える、就活生が「本当に」早く準備すべきことまとめ!

こんにちは、いっこーです。

ぼくは2018卒として就活を終えた大学生なんですが、その経験をちょっとでも共有しようと、いくつか就活関連の記事を書いております。

「就活」カテゴリの記事一覧

 

さて今回は、就活生が「本当に」早く準備すべきことについて。

「就活は早く動いた人が勝つ!」とはよく言われますが、具体的にどんなことを早めにすればいいの?って当然思いますよね。

▼就活のスケジュール自体はざっくり把握していても、いまいちピンとこない学生も多いはず。

 

ということでこの記事では、どんな学生も早めにやっておけ!と言えることだけをまとめようかなと。

3月1日を就活解禁日だとすると、12月末までにすべて終わらせておくと安心です。

直前まで放っておいて後悔するのはもったいないので、さっさと準備できることは済ませて就活に臨んでください。

 

SPONSORED LINK

1、スーツ一式を揃える

当たり前過ぎクソワロタwwwと思っているあなた、意外とスーツの準備って忘れます。マジです。

揃えないといけないアイテムをざっと並べてみました。

  • スーツ
  • ワイシャツ、ブラウス
  • ネクタイ
  • ベルト
  • かばん
  • 革靴
  • 靴下
  • ハンカチ

 

就活解禁直前になってもスーツを買ってない…なんて人はさすがにいませんが、夏のインターンの時期は危ないですよ。

ぼくもインターンに参加することになったはいいものの、スーツに合わせる鞄がない!と前日に慌てて買いに行った記憶があります。

 

スーツ自体は持っていても、サイズが体に合ってない人も要注意。

袖丈や裾丈がダボついているとどうしても野暮ったく見えてしまうので、就活が本格化する前にお直ししておきましょう。

大学生はスーツを着慣れていないので、早め早めに準備しておくと安心です。

 

スーツはきちんとサイズを測る必要がありますが、ネクタイや鞄などの小物はオンラインでの購入も楽でおすすめ。

 

細かい身だしなみについては、こんな記事も参考にどうぞ。

 

2、証明写真を撮る

ESや履歴書の証明写真。

500円〜1000円で撮影できるスピード写真と、値段は高いけど丁寧に撮ってくれる写真館ではクオリティが全然違います。

「人は見た目が9割」なんて言葉もあるぐらいなので、どうせなら綺麗な写真を撮ってもらいましょう。

 

ぼくが証明写真を撮ったのは就活解禁2ヶ月前の1月だったんですが、その頃には就活生で予約がいっぱいでした。

直前になればなるほど予約が取りにくくなるのは当たり前なので、髪型や体型に不満がないなら、さっさと写真を撮ってしまうのがいいかと。

 

企業側の視点に立つと、「何十人・何百人の就活生の中から、誰を次の選考に進ませるか」の会議が絶対に開かれているはずです。

そこでは面接でのあなたではなく、履歴書に貼られた証明写真が「あなたの印象の全て」になりますよね。

するとどれだけ面接で上手く話せても、履歴書の証明写真が微妙だと選考結果にも影響を与えかねません。

 

就活は第一印象がかなり重要です。

「たかが写真」と思わず、クオリティにはこだわっていきましょう。

▼就活生が多く利用している写真スタジオはこんなところ。

 

3、字数制限のある文章を書く

就活では「400字以内で学生時代に頑張ったことを教えてください」など、字数制限のある文章を書くことが求められます。

日頃から文章を書いている人にとっては難しくないんですが、期末レポートぐらいしか文章を書く機会のない大学生にはかなり強敵のはず。

ってことで、日頃から「字数制限を気にしながら伝わる文章を書く」練習をしましょう。

 

いちばん手軽でおすすめなのがTwitterを使うこと。

1ツイート=140字をいくつか組み合わせれば、そのままESの自己PRにも使えます。

 

自己PRや学生時代に頑張ったことに限らず、自分の感じたことを「どうやったら140字で表現できるだろう?」と試行錯誤するのはかなり役に立ちます。

コンパクトにまとまった文章を書けるようになれば、ESの印象もグッと良くなるので。

Twitterの本垢を使うのは抵抗があると思うので、別アカウントをつくって練習しまくりましょ。

 

4、社会人との会話に慣れる

これはホントに早ければ早いほうがいい。

社会人との会話に慣れると、面接がかなり楽になります。

就活でいきなり社会人と話すことになっても、「どれぐらいの敬語で接すればいいのか」「お互いにとって心地いい距離感」とか分からないじゃないですか。

最近は便利なサービスが増えているので、それを有効活用しまくりましょう。

 

ニクリーチ

ニクリーチは、就活生と企業のマッチングサイト。

就活生がプロフィールを公開しておけば、それを読んだ企業からスカウトが届きます。

スカウトを受けると、焼肉やお寿司などのランチを食べながら社会人と話せちゃう。(もちろん奢ってもらえます!最高!)

ごはんを食べながらなので堅苦しい雰囲気はないし、ざっくばらんに社会人とのコミュニケーションが取れるので超おすすめ。

就活が本格化してくると学生も企業も余裕がなくなってくるので、できるだけ早い段階で使い倒しましょう。

 

きちんとプロフィールを埋めておけばスカウトはくるし、ぼくもニクリーチがきっかけで受験した企業から内定を頂きました。

ニクリーチ体験談を記事にしているので、そちらもぜひ参考にどうぞ。

 

ビズリーチキャンパス

OB訪問したい学生と、同じ大学出身のOB/OGを繋ぐビズリーチ・キャンパス

ちょっと面倒だったOB訪問のマッチングを、すべてオンラインで完結させてくれるサービスです。

Facebookアカウントを登録するだけで使えるのでかなり簡単。

 

2018卒までは対応大学が限られていたんですが、最近一気に数が増えました。

ぼくの通う神戸大学もやっと対応……遅い(笑)

 

OB訪問も早ければ早いほど周りと差別化できるので、ぜひ有効活用してください!

 

まとめ

ってことで、就活生が「本当に」早く準備すべきことをまとめてみました。

色んな情報がありふれて大変だと思うけど、まずはできることから始めていきましょ!

  1. スーツ一式を揃える
  2. 証明写真を撮る
  3. 字数制限のある文章を書く
  4. 社会人との会話に慣れる

 

5社中3社に内定!いっこーの就活戦略まとめ

本ブログの運営者・いっこーが実践した就活戦略を5記事にまとめています。

ぼくは「9割の就活生の逆を行く」ことを意識して就活した結果、5社中3社から内定を頂くことができました。

 

  • 就活はまず自己分析から
  • 自己PRと学生時代に頑張ったことを綺麗なエピソードに整える
  • とりあえず30社にESを出してみる

こんな「就活の王道」とは逆のアプローチで、省エネかつ最短で内定を獲得する方法論を解説しています。

 

就活まで時間のある人、すでに選考が始まっている人どちらにも役立つ内容になっているので、大学生はぜひぜひご覧ください!

2018卒のぼくが教える、5社中3社で内定ゲットした就活戦略【概観と自己紹介】

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事