夏のインターン選び、「数字で示せるかどうか」は気にしてる?

こんにちは、いっこーです。

ぼくは2018卒として就活を終えた大学生なんですが、その経験をちょっとでも共有しようと、いくつか就活関連の記事を書いております。

「就活」カテゴリの記事一覧

 

さて今回は、「インターンシップ」について書いてみようかなと。

というのも最近、19卒の大学3年生とちょっと話す機会があったんですよね。

そろそろ夏のインターンも応募しないとな〜って思ってるんです。
いっこー
そっかもうそんな時期か!どんなインターン行こうと思ってるの?
うーん、とりあえず1dayインターンに何個か参加しようかなって。よく分からないんで。
いっこー
なるほどねー。おせっかいかもしれないけど、ちょっとアドバイスしてもいい?(笑)

ってな感じで。

 

この記事を書いているのは6月の半ばなんですが、この時期は1つ上の先輩の就活が落ちついて、次は自分たちの番だ…!と大学3年生が感じ始める頃。

最初は右も左も分からないのが当然なので、「とりあえず1dayインターンに参加してみるか」という選択も悪くないとは思います。

 

でも18卒で就活を終えた先輩として1つだけアドバイスすると、

「インターンは数字で示せるものだけにしとけ」

と言いたい。理由は以下です。

 

SPONSORED LINK

インターンする目的は「就活本番でアピールしたいから」

結論からドン!と行く前に、そもそも就活生がインターンに参加する目的ってなんなの?って考えてみました。たぶんこんな感じですよね。

  • その企業 / 業界の事業内容が知りたい
  • その企業で実際に働いてみたい
  • コネがほしい
  • 就活本番でアピールしたい

 

この中でも一番多いのが、「就活本番でのアピール材料にしたい」じゃないかと。

インターン行っとかないと就活やばいらしいよ…!なんて会話は大学のあちこちで聞くし、それは裏返すと「インターン経験を自己PRにしたい」ってことですよね。

ということは、インターン選びの基準は「就活本番でアピールできる内容かどうか」が大事ってことです。

 

就活では「数字」が強い

ではもう一段階踏み込んで考えると、「就活(ESや面接)でアピールできることって何?」という話になりますよね。これは18卒の先輩として答えを言っちゃおうかと。

ずばり、就活でアピールできるのは、「具体的かつ客観的に表せる結果」です。

もっと言うと、「数字で示せる結果」がいちばん好ましい。

 

ゆるふわ自己PR多すぎ問題

これはぼくの経験則になりますが、面接での自己PRが曖昧すぎる就活生はめちゃくちゃ多いです。

  • サークルの副代表としてメンバーをまとめました
  • 合同ゼミをスムーズに進行しました
  • 留学でコミュニケーションスキルを身につけました

 

面接官からすると、

それってホントなの?自分で思ってるだけじゃない?証拠とかないの?

って感じちゃうわけです。

もっと客観的に判断できる自己PRが必要なんですよね。

 

自己PRは具体的かつ客観的に

  • 前年よりも新入生を20人多く集めました
  • アンケートでは満足度90%超えでした
  • 練習参加率が20%上がりました

ではこんな風に、数字を使って自己PRをするとどうでしょう。一気にエピソードの説得力が増した気がしますよね。

なんにも考えていない就活生がぼんやりした自己PRを繰り広げる中、具体的かつ客観的な結果をアピールできれば頭一つ抜けられます。

……ってことを、夏のインターン選びの基準にしましょう。絶対です。

 

一番おすすめは「実践型かつ長期」のインターン

あくまで「就活本番でアピールする」ことを目的にした場合、こんなインターンがおすすめです。

  • 体験型より実践型が◎
  • 短期より長期が◎

 

1日〜3日ほどの短期インターンでは「事業説明」「企画立案」「グループワーク」などが主なコンテンツですが、その経験を就活のアピール材料にはできません。具体的かつ客観的な結果が出ないので。

対して実際の業務に関わる実践型インターンでは、嫌でも結果にコミットさせられます。

営業インターンなら「もっと売り上げ伸ばさなきゃ!」ってなるし、Webマーケティングなら「もっとコンバージョン率上げなきゃ!」ってなるはず。

 

業務の一部を担っているので、数字(=客観的な成果)を求められるし、それがそのまま就活本番のアピール材料にもなります。

ぼくもグループ面接で「売り上げを〇〇%アップさせました!」って学生に会ったことがありますが、余裕で面接通過してました。当然だけど。

実践型インターンはほとんどが長期参加なので、そりゃ経験値も貯まりますわな。

 

そのインターン、本当に意味ある?

ってことで、「インターン経験を自己PRに使ってやるぜ!」と意気込んでいる人は改めてよく考えましょう。

そのインターンに参加することで、具体的かつ客観的な結果は残せるのか?

まずはこの1点だけを基準に選んでみてください。

ぼくは就活前に戻れるなら、SNSマーケティングのインターンがしたいです\(^o^)/

 

5社中3社に内定!いっこーの就活戦略まとめ

本ブログの運営者・いっこーが実践した就活戦略を5記事にまとめています。

ぼくは「9割の就活生の逆を行く」ことを意識して就活した結果、5社中3社から内定を頂くことができました。

 

  • 就活はまず自己分析から
  • 自己PRと学生時代に頑張ったことを綺麗なエピソードに整える
  • とりあえず30社にESを出してみる

こんな「就活の王道」とは逆のアプローチで、省エネかつ最短で内定を獲得する方法論を解説しています。

 

就活まで時間のある人、すでに選考が始まっている人どちらにも役立つ内容になっているので、大学生はぜひぜひご覧ください!

2018卒のぼくが教える、5社中3社で内定ゲットした就活戦略【概観と自己紹介】

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事