中身が大事だ!ってよく言うけど、それ以上に外見も大切だよね。

性格のいいブスと、性格の悪い美女ならどっちがいい?って話じゃないですよ。

こんちゃっす、いっこーです。

(ちなみにぼくは、性格の悪い美女の方が断然好きです。)

 

以前、「誤字脱字が多い人はファッションもダサい!」という記事を書いたことがあるんですね。

結論から言うと、「誤字脱字マンは人からどう見られるかを気にしてない。だから服装にも気をつかわなそう。」って話。

よかったら読んでみてください。

▶ 誤字・脱字が多い人に限って、ファッションもダサいという仮説。

 

そして最近、これと同じようなことを感じています。

「中身が大事だ!ってよく言うけど、それ以上に外見も大切だよね」って。

 

SPONSORED LINK

知らない人のブログを読んでてたまに思うこと

ブログを書いている人にTwitterでフォローされることがよくあります。

フォローされたんだし、ちょっとブログを覗きに行くじゃないですか。

 

でもそういうとき、まともに読まずにページを閉じちゃうことが結構あるんですよ。

「うわ、読む気しねえわ」って思って、一瞬で戻るボタンを押してしまいます。

(特定の人をディスってるわけじゃないので悪しからず。)

 

別に内容がダメダメなわけじゃない

ただ一瞬でページを閉じちゃうブログでも、記事の内容がダメダメなわけじゃないと思うんですね。

むしろ、内容よりも「外見」でかなり損してるんじゃないかなと。

サイト全体のデザインとか、パッと見の印象とか、そういう部分で「読む気しねえわ」って感じてしまうことが多いです。

 

こんな外見はイヤだ

ブログに限って言うと、こんな記事は全然読みたくありません。

  • 文字サイズがちっちゃい
  • 改行しなさすぎて見づらい
  • シンプルと地味を履き違えている
  • なんかゴチャゴチャしてる

 

「お前何様やねん」と思われるかもしれませんが、たぶんほとんどの人が同意見のはず。

どんなにいいこと書いてても、外見がダメダメでは「うわ、読む気しねえわ」って感じて当然ですよね。

 

もちろん中身にこだわるのも大切なんですが、中身を知ってもらうための「外見」ってそれ以上に大事だなと。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、最近やっと気づけました。

 

就活してても感じる外見の大事さ

余談ですが、ぼくは絶賛就活中。

ここでもやっぱり、「外見って大事だな〜〜」って感じてます。

 

就活前は、「なんでスーツ着なきゃいけないんだよ中身で勝負だろ」とか思ってました。(実力ないくせに)

でも、外見を整えられない人の話を聞こうなんて誰も思わないですよね。

めちゃくちゃ初歩的なことなんですが、見た目に気をつかうって大事だな〜と。

 

ぼくは見た目にこだわります。

ってことで、ぼくは見た目にこだわっていきます。

毎日の服装も、このブログも、就活も。

 

ちなみに最近、就活用の証明写真を撮りに行ったら、キラキラ女子大生だらけで辛かったです。

写真はもちろん、フォトショでごりごりの美肌にしてもらいましたよ。

SPONSORED LINK