読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「弱い自分」をさらけ出すことで、仲間ができるのかもしれない。

考えたこと


おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20161004134550j:plain

今まで、「同じ方向を向いて頑張れる人」が仲間だと思ってた。

ゴールを目指して走り続けられる、バスケ部のメンバーみたいな。

志望校合格を目指して切磋琢磨できる、クラスのあいつみたいな。

 

でも最近、「弱い自分をさらけ出して、かっこ悪いところを見せられる人」が、本当の仲間なんじゃないかって思い始めたんだ。

 

千葉の田舎で出会った素敵な人たち

f:id:ikkolog:20161004141006j:plain

ぼくは少し前まで、千葉の金谷という場所で、「田舎フリーランス養成講座」というものに参加していた。

フリーランスとして生きていく術を身につけるために、共同生活をしながら、講座を受けたりアウトプットをしていく1ヶ月間。

そこでぼくは、素敵で素敵で仕方がない人たちに出会ってしまった。

 

かっこ悪くて、愛すべき人たち

f:id:ikkolog:20161004141813j:plain

「田舎フリーランス養成講座」には、様々な経歴を持った人たちが参加していた。

サラリーマン生活に疲弊して、もう会社では働けなくなった人。

有名大学を中退して、一度は自ら死を選ぼうとした人。

やりたいことが見つからずに、それを必死で探そうとしている人。

本当に色んな人がいた。

 

正直に言うと、共同生活がはじまったときには「上手くやっていけるかな」っていう不安しかなかった。

みんなとちゃんと仲良くなれるのかなって。

 

でも1ヶ月が過ぎて、千葉から大阪に帰ってきて、「あんなに素敵で、大好きな人たちはいない」って心の底から感じてる。

かけがえのない仲間だ、って。 

 

「力になりたい」と思った

f:id:ikkolog:20161004144659j:plain

なんでこんな風に思えたのか。

それは、「みんなが弱い部分をさらけ出してくれたから」。

 

「自分を表現することがずっとこわかった」

「会社をやめたとき、もうダメだと思った」

「今までは人に頼りっぱなしだった」

1ヶ月間の講座が終わる最終日、涙ながらに語ったみんながいた。

 

たぶん、こんな風に言うのにはすごく勇気がいったと思う。

だってそれは、弱くてかっこ悪い自分の姿だから。

 

でもその言葉を聞いたとき、「この人たちのためなら、何でも力になりたい」と素直に思えた。

「これが本当の仲間なのかもしれない」って。

 

自分を出すのが苦手だ

f:id:ikkolog:20161004194504j:plain

ちょっとぼく自身の話をしておく。

 

ぼくは、自分の思いを正直に伝えるのが苦手だ。

かっこ悪いところとか、悩んでいる姿を見られるのも好きじゃない。

 

だから今までも、できるだけカッコつけて生きてきたし、悩みを相談することもあんまりなかった。

そんな自分を、けっこう好きだったりもしたんだ。

 

でも千葉の田舎でみんなと過ごして、「それじゃダメだ」って思った。

強がってカッコつけてるだけじゃ、本当の仲間にはなれないって。

 

みんなの「仲間」になりたい

f:id:ikkolog:20161004201805j:plain

正直にいうと、千葉での1ヶ月間で、ぼくは自分をさらけ出せてはいない。

ぼくにも弱い部分なんていっぱいあるけど、やっぱりそれを見られるのがこわかった。

「なんでも上手くできちゃうタイプなんだよね」なんて、変なプライドがあったのかもしれない。

 

そうやって自分を出せないままだったから、みんなのことを余計に愛おしく思った。

こんなに弱い部分を見せることができて、なんて素敵な人たちなんだって。

 

そして、ぼくもみんなにとっての「本当の仲間」になりたいと思った。

みんなのことを一方的に「仲間だ」と思ってるだけじゃなくて、みんなからも「あいつは本当の仲間だ」って思ってほしい。

 

ちょっとずつ変わりたい

f:id:ikkolog:20161004204329j:plain

だからぼくは、ちょっとずつ変わっていきたい。

カッコつけて生きるんじゃなくて、カッコ悪い自分をさらけ出せるような。

大好きな人たちがいるから、みんなに自分の全部を知ってもらえるような。

 

一緒に泣いて、一緒に笑える人がいるのはすごく素敵なことだから。

簡単じゃないけど、ちょっとずつ、ちょっとずつ。

そんな小さな決意表明を、ここでしておこうと思う。