読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


読み放題 or not 読み放題



おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20160807011746p:plain

こんにちは、いっこー(@ikkotweet)です。

先日、Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」が始まりました。

ざっくりいうとこんなサービス。

・月額980円で
・和書12万タイトル、洋書120万タイトルが
・Kindle端末、スマホやタブレットのKindleアプリで
・読み放題
・マンガや雑誌もあるよ

 

ベストセラー本もたくさん対象になっている!わけではなく、まだまだタイトルに偏りはありますが、間違いなく破格のサービスです。

しかも今なら30日間の無料体験ができる。

ぼくも普段から本を読むし、Kindleユーザーでもあるので試しに使ってみることにしました。

 

タダ同然の知識は定着しない

Kindle Unlimitedが始まったとき、ぼくは「すげえ!本が読み放題とか最高かよ!」って興奮状態でした。

ただ、実際にこのサービスを使ってみると、なんだかすごく違和感を感じたんです。

 

そんな違和感を、作家でブロガーのはあちゅうさんが上手いこと言葉にしてくれていたので、少し引用してみます。

 

まさにこれだな、と思いました。

ほとんどお金を払ってない本には、しっかり読もうという気がどうしても湧いてこないんです。

「どうせ読み放題だから」と、ぱらぱら流し読みが圧倒的に多くなる。

 

「食べ放題だから元をとらなきゃ!」と、料理を味わわずにひたすら食べる。

「セールで安かったから!」と、いらないものをたくさん買ってしまう。

ぼくの中で、Kindle Unlimitedはこんな感覚に近いです。

 

何万冊ものタイトルの中から、好きな本を選んで読むことができるのはすごく魅力的。

ただ、読書の質はかなりライトになるので、本から何かを得たい人にはあまりおすすめできません。

 

娯楽としての読書にはぴったりかも

ただ、人によってはKindle Unlimitedはすごくいいサービスだとも思います。

特に、純粋な娯楽として読書を楽しみたい人。

毎日違う小説を読みたい人、読書はもっぱら雑誌や漫画が多いという人には、色んなタイトルを気軽に試せるのでかなりお得なサービスになるはず。

 

一回試してみればいいんじゃない?

何はともあれ、本を読むのが好きな人は一度試してみればいいんじゃないかな、と思います。

人によって読書スタイルは違うし、Kindle Unlimitedがぴったり合う人もそうじゃない人もいる。

タイトル数もまだまだ増えるだろうし、ぼくもなんだかんだ期待していますよ!

Amazon.co.jp: Kindle Unlimited - 本、コミック、雑誌が読み放題。

 

Kindle端末についてはこっちの記事に。 

 

【読者登録はこちらから】