読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


はあちゅう作品を3冊読んだのでレビューしてみる。



おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20160626123331j:plain
引用: ブロガー・作家 はあちゅうさん|ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古

こんにちは、いっこー(@ikkotweet)です。

作家でブロガーのはあちゅうさんの本を、最近3冊読みました。

 

はあちゅうさんのプロフィールはこちら。

ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。
在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、幅広く活動。
2009 年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。
2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。
2014年9月からフリーで活動中。 

はあちゅう 公式ブログ - プロフィール - Powered by LINE

 

最近はテレビでも活躍しているはあちゅうさんですが、本がまた面白かった。

ぼくが読んだ3冊を一気にレビューしてみたいと思います。

 

 

半径5メートルの野望

たぶんはあちゅうさんの代表作。

大幅加筆をした「完全版」が最近文庫本でも発売されました。

 

ざっくり内容を紹介しておくとこんな感じ。

・夢や目標を達成するために、自分の半径5メートルに意識を向ける
・半径5メートルの中で芽生える小さな野望を少しずつ叶えていこう
・はあちゅうさんの怨念がてんこ盛り!

 

自身の経験をもとに夢を叶えるための考え方が書かれているんですが、そんなことよりもはあちゅうさんの怨念が詰まりまくっています。笑

特に第1章「負を燃料に変える」がすごい。

覚えていてください。「あいつなんてもう終わってるよ」と言ってくるような人は、その人自身、何一つとして始まってもいないような人です。「ブス」とこっちの顔を批判してくる人が、自分の顔写真をアイコンにしていたためしがありません。自分だけ安全地帯にいて、好きなことを言って勝ち誇った気分に浸っていても、所詮は負け組。本当の自分で勝負できないような人の批判を恐れていて何も動かなければ、自分も同じ負け組階層から飛び出すことはできないのです。

 

悪口や批判をかなり受けてきたはあちゅうさんが、それをどう原動力にするかについて、また批判ばかりする人たちに毒を吐きまくるのがこの第1章。

ぼくはこの第1章で「はあちゅうはんぱねえ…!」と衝撃を受けました。笑

 

本は全体を通してエネルギッシュなので、これから何か始めようとしている人、頑張りたいことがある人にはすごく響く内容です。

逆に、「別にしたいことないな〜」という人にはちょっと暑苦しいかもしれない。

Amazonのレビューも両極端で、すごく見ていて面白いですよ。笑

 

かわいくおごられて気持ちよくおごる方法

男女が「ごはんデート」をするときに、どこに気をつければいいかを書いた本。

表紙だけ見ると女性向きかな…と思いますが、むしろ男性こそ読んだほうがいい。

 

目次を並べてみるとこんな感じです。

・初めての食事への誘い方
・女性から誘う時のポイント
・デート中のスマホ
・次の約束を作る方法
・デート前日にやるべきこと

世の中の男性たちは、無理して旬のお店に女子を連れて行かなくてもいいと思うのです。高級=いい店、ではなく、美味しい=いい店ですから。食事が「体験」になるようなレストランは記念日に行ければそれでよし。逆に一回一回の食事の印象を強めるなら、シンプルかつ印象的なメニューが出てくる場所を毎回選べばいいように思います。

女性はよく優しい人が好きと言いますが、優しいというのはつまり、まめに相手を気遣うことで、そのまめさは記憶力なしには成立しないように思います。

 

方法論はお金のある社会人向きですが、デートで気をつけることなんかは老若男女だれが読んでも納得の内容。

ぼくはこれを読んで、「だからおれはモテないのか…!」と実感しました。笑

恋愛指南本はうさんくさくて読まないという人も、「ごはんデート」に特に焦点を当てて書いてあるのでかなり実践的です。ぜひ。

 

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月

上の2冊は自己啓発・ハウツー系の本ですが、こっちは小説です。

内容はざっくりこんな感じ。

・仕事も恋愛もうまくいかないOLの奈緒が
・カリスマモデルのヒカリが運営するメンタルジムに通い始めて
・人生をちょっとずつ変えていく

 

まあ正直、ありきたりなストーリーではあります。笑

小説としてもそこまで面白みがあるわけじゃないので、はあちゅう作品をこれから読み始めるのはおすすめしません。

ただ「半径5メートル」を読んだあとにこの本を読むと、「はあちゅうさんっぽいな〜」と納得できる内容。

 

さらっと読み終わりましたが、ひとつだけ「これは!」と思う部分がありました。

まずは、どんな人と付き合いたいか徹底的に考えてみて。本当に小さなことで大丈夫。カレーがうまくつくれる人、とかありったけ、思いつくだけのリストをつくってみて。そうやって、会いたい人の条件を、紙に書いておくと、そういう人に会った時にぴんぽーんって、頭の中でライトがつくから。この人、条件に合った人ですよって。でも、まずは条件リストをつくらないと、ライトがつかないの。  

もしそれができたら、どんなデートをしたいかっていうのも考えてみて。一緒にご飯行きたいとかじゃなくて、中華街でラーメンを一緒に食べてるとか、ディズニーランドで並んでるとか、より具体的なほうがいいわ。肉じゃがつくってあげたいな、とかこの映画一緒に見に行きたいなとか。もう、自分が主役の映画を頭の中で一本つくりあげる勢いで妄想してみて。そうすると恋愛感度が高まるから。

 

これは本を読み終わったあとに実践。

「どんな人と付き合いたいか」「どんなデートをしたいか」をいつも使っているモレスキンにしっかり書きました。笑

彼女ができたらこの本のおかげです、たぶん。

 

まとめ

あんまり褒めてないレビューですが、ふつうにはあちゅうファンになりました。笑

特に「半径5メートル」がおすすめです。

それでは、お後がよろしいようで。

 

【読者登録はこちらから】