就活生は試すべき!自己分析ツール「Future Finder」が詳しすぎるwww

こんにちは、就活ビギナーのいっこーです。

ぼくは就活をはじめたばかりの文系大学生なんですが、「就活はまず自己分析から」ってよく言いますよね。

 

▼こんなことを自己分析で深めていきましょう、ってどんな就活サイトにも書いてあります。

  • 学生時代にがんばったこと
  • 自分の性格、どんなときにやる気がでるか
  • 自分の強み、弱み

 

でもさ。

自分の強みとか性格って、ひとりで考えてるだけじゃ全然わかんなくないですか?

 

SPONSORED LINK

強みを客観的に見るのは難しい

「いやいや、おれは過去の経験から強みを理解できてるんだ!」という就活生もいるでしょう。

でもその強み、ほんとに合ってるの?

 

Aくん
サークルで代表としてメンバーを上手くまとめた!だから自分はリーダーシップが強みです!

というAくんがいたとします。

 

サークルの代表という経験から、リーダーシップが自分の強みだとアピールしていますが、ほんとにそれがAくんの強みなんでしょうか?

ほんとはこんな感じだったのかもしれませんよ。

  • そもそもメンバーは5人だけなのでまとめるのが簡単すぎた
  • Aくんが強引すぎてメンバーが逆らえなかった
  • 優秀な副代表がいたおかげで、Aくんは気持ちよく代表を務められた

 

もしこんな状況だったら、「リーダシップが強み」というのは完全にAくんの勘違い。

でもこういう勘違いって、ぼくも含めて誰でもしちゃうと思うんですよね。

なぜなら、自分の強みや性格を客観的に判断するのってかなり難しいからです。

 

自己分析では客観的な視点が必要

過去の経験を振り返って「本当の自分」とやらを見つけるのが自己分析ですが、その分析はどうしても主観的になりがちです。

自分の都合のいいように強みや性格を解釈してしまうので、その後の就活にも苦労すること間違いありません。

 

だから就活に失敗しないためには、自分の強みや性格を「客観的に」理解しておくことが絶対に必要。

ぼくの強みは明るいところなんだよね〜〜♪てへぺろ♪

なんて自己分析では、就活に失敗するのが目に見えてますよね。

 

客観的に自分自身を理解しておかないと、ESも書けないし面接ではしどろもどろになってしまいます。

 

たった15分で受けられる自己分析ツールがある

「じゃあどうやったら客観的な自己分析ができるんだよ!」と思っているあなた。

あるんですよ。たった15分で受けられて、めちゃくちゃ詳しいフィードバックがもらえる自己分析ツールが。しかも無料。

長くなりましたが、ここからが本題です。

 

自己分析ツール「Future Finder」

f:id:ikkolog:20161214102551p:plain

ぼくが今回試したのは、株式会社ジェイックが提供している「Future Finder」という自己分析ツール。

ざっと概要を説明しておくとこんな感じです。

  • 151問の質問に答えていく自己分析ツール
  • 心理統計学に基づく診断なので信頼性◎
  • 「性格特性」「自分にマッチする組織風土」「自分のビジネスセンス」などを詳細に教えてくれる
  • かかる時間は15分ほど

 

ざっと書いていますが、この分析結果が詳しすぎて引きました(笑)

「え、こんなに細かく教えてくれるの!?」ってレベル。

 

このあと手順を説明していきますが、「今すぐやらせろ!」って人はここから。

無料登録が必要ですが、 氏名や大学などを入力するだけなので簡単です。

 

 

自己分析ツール「Future Finder」の手順

まずはサイトに無料登録

最初に、Future Finderへの登録が必要です。

登録は無料だし、そのあと迷惑メールが届くこともありません。

 

151個の質問に答えていきます

f:id:ikkolog:20161214112410p:plain

会員登録が終わったら、151問の特性検査に答えていきます。

制限時間は60分だけど、15分ぐらいで終わるのでちょっとした空き時間でも大丈夫。

 

質問はこんな感じ

質問は一問一答で、「そう思う」から「そう思わない」まで、自分にいちばん当てはまるものを選んでいきます。

▼「自分は他の人よりも、物事を論理的に考え、結論を出せる」f:id:ikkolog:20161214112613p:plain

 

▼「一度こうだと思ったら、人に何と言われようと考えを変えないほうだ」f:id:ikkolog:20161214112615p:plain

 

質問に対して5択の中から選ぶものも

後半の質問では、5択の中から回答を選ぶものもあります。

 

▼「あなたの思春期の頃を思い返して、最も鮮明に思い出せることは何ですか」f:id:ikkolog:20161214112926p:plain

 

▼「他者からあなたに対する評価として最もあてはまると思われるものはどれですか」f:id:ikkolog:20161214112927p:plain

 

診断自体はこれで終わり

診断自体は質問に答えるだけで終わり。

このあと、詳しすぎる診断結果が出ます(笑)

▶ 適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

ぼくの診断結果

診断が終わると、下の7つの項目について結果を確認できます。

ひとつひとつに詳しすぎる解説が載っているので、満足感がハンパない。

  1. 16タイプ分析
  2. 性格特性 (Big 5)
  3. マッチする「組織風土」
  4. 仕事で「発揮しやすい特性」
  5. 得意な「組織行動」
  6. 仕事への動機
  7. ビジネスセンス

 

ぼくの16タイプ分析

f:id:ikkolog:20161214113959p:plain

最初の「16タイプ分析」では、16種類の性格の中から、自分が最も適合するトップ3を教えてくれます。

ぼくのトップ3はこうなりました。

1位: 冷静沈着な解決者

2位: 空想好きな論理科学者

3位: 真摯に向き合う努力家

 

ふむふむ、なるほど。

1位の「冷静沈着な解決者」について、解説をちょっと引用してみます。

多少の困難はやる気を奮い立たせるエネルギーへと変換し、主体的に考え行動することで引き受けたことを確実に処理していくことができます。憶測やうわさ、決めつけなどで安易に判断・行動するのではなく、自分が実際に確認したことを大切にして一貫性のある行動をとっていきます。

独りきりになったとしても不安になることはなく、じっくりと自分に集中することで、やるべきことを整理していこうとします。(後略)

 

これ、完全にぼくのことなんですよね(笑)

特に赤字にした部分は、一文字違わずに納得できました。

長くなるので引用しませんが、2位の「空想好きな論理科学者」、3位の「真摯に向き合う努力家 」もかなり詳しい解説をしてくれています。

 

自分であれこれ考えて、「私ってこんな性格だよね…?」なんて悩んでるヒマがあるなら、客観的に判断してくれるツールに頼りましょう。

自分の性格をズバッと言い当ててくれるので、めちゃくちゃすっきりしますよ。

 

ぼくの性格特性

f:id:ikkolog:20161214134449p:plain

次に教えてくれるのが、「基本的性格特性」と「ビジネス的性格特性」のふたつ。

ぼくはそれぞれ、「知的好奇心」と「変革・創造」のポイントが高いらしいです。

 

逆に「外向性」や「異文化適応」といったポイントが低くて、内向的な性格のぼくからすると、これは当たり前。

「いやー、おれのこと分かってるなあ…」とついつい思っちゃいました(笑)

 

ぼくが仕事で発揮しやすい特性

f:id:ikkolog:20161214135447p:plain

長くなるので、もうひとつだけ。

ぼくが仕事で発揮しやすい特性、いわゆる「強み」は上の5つらしい。

 

こちらも解説を引用しておきます。

あなたは思考力・理解力に優れ、求められていることをつかんでいくことが得意といえます。状況や文脈に照らして思考を深め、求められている振る舞いを理解し判断、行動することができそうです。

また大局的な視点で物事をとらえることも得意といえます。自分の役割だけに固執し判断するのではなく、全体を俯瞰的、長期的にとらえ判断していくことができそうです。

さらに変革、挑戦性もあり、新しいことに挑戦する姿勢を持っていそうです。従来の考え方にとらわれたり失敗を必要以上に恐れず、どんなことでも果敢に挑戦することができそうです。

 

こうやって細かい解説をしてくれるのは本当に嬉しい。

客観的に診断された自己分析なので、自信をもって自己PRやESに反映させることができます。

 

完全無料なのに解説が詳しすぎるwww

f:id:ikkolog:20161214102551p:plain

このFuture Finder、診断を受ける前は正直ナメてました(笑)

「無料だし、軽い心理テスト的なもんでしょ?」って。

 

でもやってみてビビりました。解説が詳しすぎ。

上でいくつか診断結果を引用しましたが、紹介したのはほんの一部。

強みや性格を文章にして教えてくれるので、納得感が違います。

 

ぼくが語るよりも実際にやってみた方が何倍も早いので、就活生は騙されたと思って試してみてください。

もちろん就活生じゃなくても、「自分の強みや性格を客観的に知りたい」という人にはすごくおすすめですよ!

▶ 適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

おせっかいですが

すいません、最後におせっかいですが。

へー、そんな自己分析ツールがあるのか。今度やってみよっと。

とか思っているそこのあなた。

 

ぼくの経験から言って、人は後回しにした時点で絶対にやりません。

このページを閉じた時点で興味はなくなって、明日にはFuture Finderの存在なんて忘れています。

まあそんな人が増えても、テキトーな自己分析をして「長所はリーダシップがあることです!」とか自信満々に言っちゃう就活生が増えるだけなので、正直ぼくには関係ないんですが。

 

でも、そんなもったいないことは誰もしたくないはず。

たった15分で終わる自己分析なんだから、「今すぐやる」のがおすすめ。

解説の詳しさはぼくが保証します。ぜひ。

 

 

5社中3社に内定!いっこーの就活戦略まとめ

本ブログの運営者・いっこーが実践した就活戦略を5記事にまとめています。

ぼくは「9割の就活生の逆を行く」ことを意識して就活した結果、5社中3社から内定を頂くことができました。

 

  • 就活はまず自己分析から
  • 自己PRと学生時代に頑張ったことを綺麗なエピソードに整える
  • とりあえず30社にESを出してみる

こんな「就活の王道」とは逆のアプローチで、省エネかつ最短で内定を獲得する方法論を解説しています。

 

就活まで時間のある人、すでに選考が始まっている人どちらにも役立つ内容になっているので、大学生はぜひぜひご覧ください!

2018卒のぼくが教える、5社中3社で内定ゲットした就活戦略【概観と自己紹介】

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事