読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


英会話初心者のやる気アップには、有名人の英語インタビューがおすすめ

英語


おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20160902104910j:plain

「英語が話せるようになりたい!」

「英語を使って世界中に友達がほしい!」

なんて思ったこと、あなたにもありませんか?

 

ぼくも中学生の頃から「英語ぺらぺらでドヤ顔したい!!」と思いはじめ、色んな本を買って勉強したり、洋画を字幕なしで見たりしてみました。

最近だとアメリカに留学して(途中で帰ってきちゃいましたが)、今では英語でのコミュニケーションに苦手意識はありません。

 

ただ、そんなぼくもつい最近までは英会話初心者。

学校で文法やリーディングはちゃんと勉強したけど、英語を聴いたり話したりするのは全然ダメ…という典型的な日本人でした。

 

 

みんないきなりハードル上げすぎ

今では「ちょっと英語話せるぜ」レベルになったぼくですが、英会話初心者のころは、「英語が話せる」というハードルを上げすぎていました。

・帰国子女みたいに英語ぺらぺらバイリンガルになりたい
・英語で気の利いたジョークを言ってみたい
・スティーブ・ジョブズのようなスピーチを英語でしてみたい

 

少し考えてみれば分かるんですが、こんなの英語初心者には遠すぎる目標。

ろくに聴いたり話したりする練習をしてこなかった「純ジャパニーズ」のぼくには、あまりにもレベルの高い姿でした。

 

でもこういう人、けっこう多いと思うんです。

英語を話せるようになるぞ!と意気込んだはいいものの、いきなり高い目標を目指してしまう人。

そしてほとんどの人が途中で挫折してしまうんですよね。

 

まずはインタビューを見てモチベ上げよう

では英会話初心者には、まず何が必要なのか。

それは、「これならできるかも」と思える、身近な目標を見つけることです。

いきなり高いレベルを目指しても、道のりが長すぎてモチベーションが続きません。

 

有名人の英語インタビューがおすすめ

そして「身近な目標」をどうやって見つけるかというと、「純ジャパ芸能人、スポーツ選手の英語インタビュー」が断然おすすめです。

「日本生まれ日本育ち」の俳優やアスリートが、英語インタビューを受けている動画をYouTubeで探してみるんです。

 

なぜインタビュー動画がおすすめなのか

 「どんなインタビュー動画を見ればいいのか」は後述するとして、なぜインタビュー動画がおすすめなのかという話を先にしておきますね。

主にこんな理由からです。

1、基本的に台本がない
2、自分の言葉で語っている
3、よって簡単な文章で会話していることが多い
4、「これで伝わるんだ」と感じられる

 

インタビューはその場での会話のキャッチボール。基本的に台本はありません。

インタビューに答える側も、「事前にキレイな英語で答えを用意して…」ということができないわけです。

 

そして自分の言葉=ありのままの英語力で答えているので、ほとんどの純ジャパ有名人は「簡単な文章」で「とぎれとぎれ」に英語を話しています。

文法も中学校までで習ったもの、単語も簡単なものを使う…といった具合ですね。

 

でも、それで伝わるんです。

多少発音がおかしくても、文法が間違っていても、伝えたい事は伝わっています。

そして英会話初心者が目指すべきは、この「自分の伝えたいことをなんとか伝えられる」状態だとぼくは思うんです。

 

こんなインタビュー動画がおすすめ 

ではどんなインタビュー動画がいいのか、について。

基本的にこの2つを満たしているものがおすすめです。

1、興味のある芸能人、アーティスト、スポーツ選手など
2、「ちょっと頑張ればいけるかも」レベルの人

 

まず大前提なのは、自分が少しでも興味がある人のインタビューを見ること。

「なにをしている人なのか」が分かっていれば、多少聞き取れない部分があっても内容は分かります。

 

次に、「ちょっと頑張ればいける」レベルの英語インタビューを見ること。

流暢すぎるインタビューを見ていても、モチベーションは湧いてきません。

「これぐらいなら私でもできるぞ!」と思える人を探して、まずはその人を目標にしてみましょう。

 

メジャーリーグの川崎選手

英会話がホントに初めて…という人なら、まずはメジャーリーグの川崎宗則選手のインタビューがおすすめ。

発音もカタカナ英語、単語も簡単だし文法もけっこうめちゃくちゃです。

でも自信満々で英語を話してるし、ちゃんと文章になってる。

最初から「ちゃんと話さなきゃ」と思うより、これぐらい軽いノリで英語を話してみるのがいいと思います。

 

本田圭佑

同じパターンでいけば、サッカーの本田圭佑選手もおすすめ。

簡単な単語で、一語一語丁寧に話しています。

中学レベルの文法や単語の知識があれば、このレベルの英会話は難しくない。

 

Taka(ONE OK ROCK) 

ぼくが何回も何回も見たのが、ONE OK ROCKのボーカル、Takaのインタビュー。

個人的にワンオクが大好きなのもあって、彼の英会話をぼくは最初に目標にしました。

 

Takaは発音がすごくキレイなこともあって、とても流暢に話しているように見えますが、使っている単語は簡単だし文法もけっこう適当です。

「これならおれにもできるぞ…!」と思い、彼をひとまずの目標にしてみました。

 

他におすすめなのはこんな人

紹介した以外にいいな、と思った有名人のインタビューは以下のとおり。

たくさん動画が転がっているので、ぜひYouTubeで検索してみてください。

・SEKAI NO OWARI
・福士蒼汰
・二宮和也(嵐)
・向井理

 

色んな有名人を並べてみましたが、いちばん大事なのは「これならできる」と思える人を見つけて、目標にすること。

英語ぺらぺらの人をいきなりロールモデルにする必要はまったくありません。

 

目標に向かってできることから

もちろん、有名人の英語インタビューを見ただけで英語がぺらぺら…なんてことはありえません。

でも、英会話初心者がひとまずの目標を見つけるのに、「純ジャパの有名人」はぴったりです。

 

これから英会話を頑張りたい!というあなた、まずは大好きな有名人を目標に、モチベーションを上げてみてはいかがでしょうか?

 

【読者登録はここから!】