読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


勝手にキュレーション#2 - 「僕」と「ぼく」



おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20160718034053j:plain

こんにちは、いっこー(@ikkotweet)です。

先週から始まった「勝手にキュレーション」、今週も気になった記事や音楽や色んなものを、ぼくの独断でまとめていきたいと思います。

第1回目はこちらから。

 

第2回目の今日は、7/18〜22までを勝手にキュレーション。

それでは早速いってみましょう。

 

 

Mon: 花束 (covered by 粉ミルク)

今週ひとつ目のコンテンツは、YouTubeからカバー動画をご紹介。

粉ミルクさんが歌う、back numberの「花束」です。

 

私事ですが、これを聴いた月曜日は色んなことが重なってかなりストレスが溜まっておりました。笑

そんなときに心を落ち着けるために流していたのが、この動画。

 

粉ミルクさんは声がすごく綺麗で、彼のカバー動画はどれも癒されるものばかりです。

動画に顔は映っていませんが、絶対イケメン。笑

他にはこんな動画もありますよ。

 

Tue: ミスコリア、今年も全く見分けがつかない

火曜日も同じくYouTubeから。

主に政治ネタを発信しているKAZUYA Channelの、「ミスコリア、今年も全く見分けがつかない」という動画です。

YouTubeにこのタイトルを見つけた瞬間、「火曜日はこれでいこう」と決めました。笑

 

実際にミスコリア候補の写真を見てみたんですが、たしかに全員似ている(笑)

香港紙・苹果日報は、選抜大会の公式サイトに紹介されている予選を通過した34人は、髪型やアクセサリーなどが多少違うのを別にすると、目鼻立ちがほとんど同じだ、としている。また、公式Facebookにアップされた屋外で撮影された画像を見ると、同じ服を着ているため、全く見分けがつかない、と指摘している。

今年のミスコリアが決まったが…「全く同じ顔に見える」と中国紙や香港紙は散々な評価を紹介 - 産経WEST

 

「歴史も整形、顔も整形」と、KAZUYAさんの辛口トークも冴えまくって、じわじわくる動画になっています。

気になる人はぜひ。ちぇけら。

 

Wed: なぜ「メシマズ写真」になるの? 料理の写真をスマホで上手に撮るコツ

水曜日は、HRナビからこちらの記事。

個人的に料理の写真は、SNSで「手軽に」「イヤミなく」「リア充っぽさをアピールできる」写真だと思っています。

なのでぼくも料理の写真を撮ることが多いんですが、美味しそうに写真を撮るのはけっこう難しい。

 

そんな難しい料理の写真をスマホでうまく撮るために、この記事では色んなテクニックが紹介されています。

・ライティングがダメなら料理を回せ
・スマホでも「いい感じ」のボケ味は出せる!?
・基本の構図は寄り引きそれぞれ「真上」「45°」「真横」

 

ぼく自身、かなり「メシマズ写真」を撮ってしまうのでこの記事は目からウロコ。

インスタをもっとキラキラさせたいリア充のみなさん、ぜひ参考にしてください。

 

Thu: 【恐怖】SNOW残念おじさん、現る。

木曜日に選んだのは、YouTuber瀬戸弘司さんのこの動画。

いい歳したおっさんがスマホアプリ「SNOW」を使って遊んでるだけなんですが、これがめっちゃおもしろいですwww

とりあえず、気になる方はどうぞ。

 

Fri: ちょっとひらがなに直すだけで、文章はこんなにプロっぽくなる

だいぶ昔のものですが、金曜日に読んだのは「文章」についての記事。

文章を書くとき、「ひらがなに直すだけで読みやすくなる単語」がリストアップされています。

出版社勤務の現役編集者でTwitterユーザーの @tarareba722 さんの文章指南が人気だ。5月30日に投稿され、6月1日14時現在、1万件以上リツイートされている。

そのコツとは、「ひらがなに直すだけで読みやすくなる」単語のリストだ。

 

このブログで記事を書くときに、ぼくはすごく時間がかかってしまうんですが、その一因として「漢字にするかひらがなにするか問題」があります。

ぱっと見たときに分かりやすいのは漢字なのかひらがななのか、悩みがちなぼくにこの記事はかなり参考になりました。

いくつか引用するとこんなのがあります。

ひらがなにした方がいい表現
・「事」→「こと」
・「物」→「もの」
・「後で」→「あとで」
・「丁度」→「ちょうど」
・「何でも」→「なんでも」

引用: ちょっとひらがなに直すだけで、文章はこんなにプロっぽくなる

 

ちょっとでも文章書くことがある人には、読んでみる価値ありありなこの記事。

ちなみにぼくが普段から意識しているのは、「僕」を「ぼく」とひらがなで書くことです。

なんだかひらがなの方が人間っぽい気が…しませんか?(笑)

 

まとめ

というわけで、2回目の「勝手にキュレーション」はYouTube動画を3つ、Web記事を2つ紹介しました。

今週はかなりゆるい気がしますが、こんな感じでこれからもやっていこうと思います。

ではでは、次回もお楽しみに!

 

【←Previous】

【→NEXT】

  

【読者登録はこちらから】