読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


[Alexandros]、大好きだからさっさと世界に出てくれ。

音楽 考えたこと


おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

http://ripy-jm.com/img/artist/alexandros/650x481xalexandros_201506.jpg.pagespeed.ic.OFIeHi5k1u.jpg

ぼくの大好きなバンドの1つに、[Alexandros]というバンドがある。

幕張メッセを満員にして、色んなフェスで大トリを務める、今や押しも押されもしない大人気バンドだ。

 

そしてぼくはこのバンドを、ほんとに初期の頃から応援してきた。

確か初めて存在を知ったのが、1stアルバムを出したばっかりの2010年ぐらい。

たまたまYouTubeで"For Freedom"のMVを見て、背筋に衝撃が走った。

こんなにかっこいいバンドがいるのかと。

こんなにかっこよく英語と日本語を歌い分けるバンドがいることに本当に驚いた。

 

そのときはドラマーが今とは違ったし、そもそもバンド名も[Champagne]だった。略してしゃんぺ。

その後は2ndアルバムあたりでドラマーがサトヤスになって、新曲が出るたびにどんどん人気が出るようになる。

"Starrrrrrr"でMステに出演することが決まったときは心の底から嬉しかったし、当時高校3年だったぼくは、クラスの友達に「Mステ見ろよ」と鼻息荒く言ったはずだ。

 

そして翌年には初めての武道館公演が決まって、ぼくも大阪から夜行バスでひとり、そのライブを見に行った。

けっこう離れたスタンド席だったけど、会場が暗転して1曲目の"Rise"が始まった瞬間、どうこらえても涙が止まらなかった。

ずっとずっと応援してきたバンドが、あんなにでっかい会場で演奏しているのが本当に嬉しかったんだ。

 

そしてこの武道館のアンコールで、バンド名が[Alexandros]に変わった。

呼び慣れた「しゃんぺ」じゃなくなったことが少し寂しくて、新しいスタートに少しわくわくした。

 

こうして[Alexandros]になった彼らのその後の活躍は、ぼくがわざわざ説明しなくてもいいと思う。

色んなドラマの主題歌に抜擢されるようになったし、メディアへの露出もどんどん増えた。

自分の大好きなバンドが色んな人に知られるようになったのが本当に嬉しかったし、もっともっと有名になってほしいというのが素直な感想だ。

 

ただひとつ、ぼくにはどうしても気になることがある。

前置きがとても長くなったけど、今日は少しそれについて書かせてほしい。

 

グラストンベリーの夢を早く見せてくれ

http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2015/07/012-720x480.jpg
引用: 『NME』読者が選ぶグラストンベリー・フェスティバル2015のトップ20アクト

 

[Alexandros]はデビューした頃からずっと、「グラストンベリーのヘッドライナーを務めたい」と言っている。

「自分たちのスタンダードを貫くっていう意味で、自分たちに対して王道でいたいっていうのはあります。世界に行くうえでも、物珍しい要素で売れるっていうのはあるし、それを批判はしないけど、それより自分たちの王道で認められたほうが気持ちいいじゃないですか? 洋平のメロディーにはその力があると思うので、そこで勝負できたらいいですね。〈グラストンベリー〉のヘッドライナーをやるまで、そこは絶対諦めたくないです」

INTERVIEW(3)――自分たちのスタンダードを貫く - TOWER RECORDS ONLINE

 

「グラストンベリー」はイギリスで開催される世界最大級のロックフェス、Glastonbury Festivalのこと。

そこでの主役、ヘッドライナーといえば、ホントに世界でも指折りのアーティストしか選ばれることはない。2016年は、Coldplay、MUSE、Adeleの3組が務めている。

 

そんなバケモンだらけの「グラストンベリーのヘッドライナー」を、[Champagne]時代の初期の初期から、彼らは声高らかに「やります」と宣言しているのだ。

 

ただ勘違いしてほしくないのは、ぼくはこの発言に対して「ムリでしょ」と言いたいわけじゃない。

デビュー当時からビッグマウスな[Alexandros]に、ぼくは夢を見させてほしいと思っているし、どんどん大きくなっていく彼らが誇りだった。

 

ただ、だ。

 

最近の彼らを見ていると、「グラストンベリーはどうなったの?」と正直思ってしまう。

ひとことで言うと、「日本だけで満足してんじゃねーよ、さっさと世界で戦ってくれ」と思ってしまうのだ。

 

ゴールはそんなもんじゃないでしょ

彼らの現在の人気は、最初でも書いたとおり。

数万人規模のライブを即日完売にするし、どのフェスでもオーディエンスは大合唱している。

 

でも、そこじゃないでしょと本当に言いたい。

あなた達のゴールはそんなもんじゃないでしょ、と。

 

グラストンベリーを目指すのなら、なんで英詩オンリーの曲がもっと増えないのか?

なんで世界中を回ってライブをしないのか?

 

彼らの曲は、たしかにいい。

新曲が出るたびに「今回もいいな〜」と純粋に思う。

ただ、いつまで経っても「置いていかれた感」が全くしないんだ。

 

世界一になって、グラストンベリーのヘッドライナーを務めるはずのバンドの曲が、なんでいつまで経っても「今回も[Alexandros]っぽいね」と感じるのか。

正直、そんなんじゃダメだと思う。

 

「なんかこの曲、らしくないね」

「なんか最近、全然日本でライブしてくれないね」

そう言われてはじめて、世界に出ていくバンドになるんじゃないのか。

 

ぼくは彼らにとってファンの1人でしかないし、どこの誰かもよくわからないただの大学生に、こんなことを言われたくもないだろう。

でも、「世界一になる」の言葉にずっとわくわくしていたぼくとしては、さっさと日本から飛び出して、世界と戦ってほしいんだ。

世界中のファンを熱狂させる、そんな姿が見たいんだ。

 

今までもずっと彼らが大好きだったし、これからもずっとファンなんだと思う。

でも、そろそろ世界に出ていってほしい。

もっともっと多くの人に、その音楽を届けてほしい。

 

グラストンベリーの夢を、早くぼくに見せてくれ。 

 

【読者登録はこちら】