読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


持ち物は少なくていい。ミニマリストのすすめ。

ミニマリスト


おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20160412195324j:plain

こんにちは、最近無印好きが加速してきたいっこーです。

ぼく、気づいたらミニマリストになっていました。

 

最近断捨離をしたこともあって、ほんとにモノがないんです。

でもそれで物足りないなんてことはなく、お気に入りのモノだけに囲まれている生活はすごく心地がいい。

 

カバンの中身はずっと同じ

f:id:ikkolog:20160412200235p:plain

このブログを始めたばかりの頃にカバンの中身紹介をする記事を書いたんですが、持ち物はその時とまったく変わっていません。 

  

カードは5枚

財布の中身は、お札・小銭・5枚のカードだけ。

カードの内訳は「クレジットカード」「キャッシュカード」「保険証」「いつもの美容室のカード」「Tポイントカード」です。

 

 

音楽は大好きなバンドだけ

f:id:ikkolog:20160412205231p:plain

音楽はすべてiPhoneに入れているんですが、最近音楽データを整理しました。

最終的に残ったのはONE OK ROCK、[Alexandros]、ELLEGARDENの曲だけ。

ほとんど聴かない曲を消しまくってすごくスッキリ。

 

 

本は電子書籍に

f:id:ikkolog:20160412205453p:plain

ぼくは結構本を読むんですが、以前は「本はやっぱ紙でしょ!」と思ってました。

でも、試しにKindleを買ってみるとあら便利。 

 

軽いし片手で持てるし安く本買えるし!

それからずっと本は電子書籍ばっかりです。

本を収納するスペースが要らなくなったのはかなり嬉しい。

 

 

服は10着+2足

f:id:ikkolog:20160401153240j:plain

春に着ている服を数えると全部で10着でした。

  • 長袖シャツ×4
  • パンツ×3
  • パーカー×1
  • アウター×2

 

靴はニューバランスのML574を2足持っています。

3年ぐらい同じモデルだけを履いていて、たしかこれで5足目。

 

 

「ぴったり」がわかると心が軽くなる

f:id:ikkolog:20160412212638j:plain

ぼくは要らなくなったモノを捨てまくって、今では周りに最低限のモノしかありません。 

そして自分のお気に入りのモノだけに囲まれて生活していると、モノがたくさんあったときよりもはるかに心が軽くなっていたんです。

 

自分の「ぴったり」を知ろう

この「心が軽くなる感覚」を自分なりに考えてみたんですが、たぶん「自分のぴったり」を知れたことが大きいのかなと。

身の回りにモノが溢れていて、どれが必要でどれが不必要かわからない状態のとき、ぼくはどこか圧迫感を感じていました。

 

最低限の服の数は何着で、どれくらいの大きさの本棚が部屋に必要なのか。

それがわからずに、自分を自分でコントロールできていない感覚があったんです。

でも実際に要らないモノを捨てて、自分の周りがお気に入りのモノだけになったとき、自分が自分のキャパにぴったり収まった気がしました。

 

 

ミニマリストのすすめ

f:id:ikkolog:20160412222437j:plain

ミニマリストと聞くと、「モノを限りなく減らしてギリギリの生活をしている」イメージがあるかもしれません。

でもそんなことはなくて、「自分に必要なぴったりを知っている」ことがミニマリストだとぼくは思っています。

 

好きなモノで身の回りを固めている人は魅力的

 

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」という本の一節に、こんな言葉がありました。

つい買おうかどうしようか迷ったら、自分の心に聞いてみてほしい。 「そのモノについて、自分は誰かに熱く語れるか?」

それが100円単位のモノであっても本気で語れないものは買わない。心から好きなモノで身の回りを固めている人は魅力的だ。

 

これがぼくのミニマリスト像で、お気に入りのモノだけに囲まれて生活したい。

そして「この人は持ち物にこだわってるんだろうな〜」って人にすごく惹かれます。

 

まずは「ぴったり」を知ることから

ぼくは自分にぴったりなモノの量がわかったときから、心がすごく軽くなりました。

なかなか服が捨てられない人も、部屋がモノで溢れている人も、まずは身の回りを見渡して、自分の「ぴったり」を見つけてみませんか。 

きっと今までとは違う、身軽な自分になっているはずですよー!

 

【読者登録はこちらから】