読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


ダサいメンズが"ちょっと"おしゃれになるための3ステップ

メンズファッション


おすすめ記事

バイトが嫌!というあなたが、個人で稼ぐための3つの方法。

就活生必見!「グッドポイント診断」で自分の強みを知ろう。

留学をドロップアウトしたぼくが教える、留学すべき人そうじゃない人 



Pick up!月間1万PVを超えられないあなたへ!初心者ブログコンサルはじめました!【PR割引あり】


SPONSORED LINK

f:id:ikkolog:20160401145202j:plain

あなたは毎日どんな服装をしていますか?

 

自分で言うのも何ですが、ぼくは毎日おしゃれに気をつかっています。

そして色んな人を見て「なんか惜しいよなー、もうちょっとこうしたらいいのに」とか思っちゃうおせっかいバカ野郎です。

 

でも、「ちょっとおしゃれ」を目指すだけなら難しいテクニックは必要ありません。

今日はそんな、簡単だけどちょっとおしゃれに見せるための3つのステップについて書いていこうと思います。

 

 

1. 色はシンプルにしよう

f:id:ikkolog:20160401152701j:plain

洋服の色はシンプルに。

正直、これだけでダサいファッションにはなりません。

 

派手な色は選ばない

ダサい人に限って派手な色を選びます。

赤、黄色、紫、水色…

 

はっきり言いますが、派手な服を違和感なく着こなせるのはおしゃれな人だけ。

"ちょっと"おしゃれを目指すならもっと落ち着いた色を選びましょう。

 

白、黒、紺、グレーが簡単

ではどんな色の服がいいのかというと、白、黒、紺、グレーです。

この4色の中から選びましょう。

 

この4色で洋服を揃えると、どんな組み合わせでも失敗しない。

ぼくもほとんどの服が白、黒、紺、グレーです。

 

 

2. 同じ形の服で揃えよう

f:id:ikkolog:20160401153240j:plain

洋服の色をシンプルにしたら、次は洋服の「形」を揃えていきます。

 

ダサい人は洋服を何の統一性もなく買ってしまい、いざ着てみると他のアイテムと全然合わない、ちぐはぐな格好になっていることが多い。

 

まずは自分が着やすい形をさがそう

「自分が着やすい形」とは、「自分が着ていて一番しっくりくる洋服のシルエット」のこと。

 

たとえば、「ズボンはちょっと太めの方が自分には似合うな」「TシャツはVネックが合ってる気がする」などのことです。

 

まずはこの「自分が着やすい洋服の形」を見つけましょう。

これが自分でわかってしまえば、もうおしゃれになったも同然ですよ!

 

その形の服だけを揃えよう

自分がしっくりくる洋服の形が分かったら、その形の服だけを購入するようにしましょう。冒険心なんて持っちゃダメです。

 

ぼくの場合、「だんだん細くなるテーパードシルエット」で「くるぶし丈」のズボンが穿いていて心地いい。なので今持っているズボンは全部その形です。

f:id:ikkolog:20160401155729j:plain

 

シャツはMサイズのボタンダウンシャツ。
こっちも全部同じ形です。

f:id:ikkolog:20160401155753j:plain

 

どの組み合わせでもしっくりくるようになる

洋服の形を揃えるメリットは、どんな服の組み合わせでも「自分がしっくりくるシルエット」になること。

 

しかも色を白、黒、紺、グレーにしておけば、色の組み合わせにも悩まなくて済む。

面白みはなくなるかもしれませんが、"ちょっと"おしゃれを目指すならこのやり方がとても簡単です。

 

 

3. あとはその日の気分で合わせるだけ

f:id:ikkolog:20160401161007j:plain

落ち着いた色のしっくりくる形の服を揃えました。

あとは、その日の気分で服を合わせるだけです。

 

ここまでくれば失敗はない

白、黒、紺、グレーで全身を揃える。

しかもそれは全部自分に似合うシルエットの服たち。

 

これをちゃんとやっていればどんな組み合わせでも失敗はしないです。

その日の気分でトップスとボトムスを選びましょう。

 

 

まとめ

f:id:ikkolog:20160401162917j:plain

"ちょっと"おしゃれになるのに、冒険は必要ありません。

むしろ無難な格好にとことんこだわることが大事。

 

自分にぴったりな洋服を見つけて、おしゃれライフを楽しみましょうー!