やっと100記事!ブログを書いててよかった5つのこと。

こんちゃっす、いっこーです。

このブログを本格的に書き始めたのが2016年3月なんですが、やっと記事数が100本を突破しました。

まあ、更新頻度はクッソ遅いですが。

 

とはいえ9ヶ月くらいブログを書いてきて、「よかったな〜」と思うこともいくつかあります。

ってことで!

ブログを書いててよかったことを5つ!

 

ほないくでー!

 

SPONSORED LINK

1、承認欲求が満たされまくる

まずこれ。

ブログをある程度続けると、承認欲求が満たされまくります。

そりゃもうTwitterやインスタとは比べもんになりません。

 

このブログは月に5万回ぐらい読まれているんですけど、ぼくの周りの大学生でそんな人はほとんどいない。

ふつうの人が承認欲求を満たすための方法なんて、おしゃれに加工したパンケーキの写真をインスタに載せるぐらいです。

 

でもブログをこつこつ書いていると、ひとつの記事が月に数千回読まれることも。

パンケーキの写真でせいぜい10個のいいね!を貰うより、だんぜん承認欲求が満たされます。

あざっす。

 

2、知らない人の役に立てる

そしてブログを書いてると、どこの誰かも分からない人から「ありがとう」と言われるようになります。

ちょっとしたホラーっぽいですが、これがまた嬉しいんだ。

 

ブログで紹介したアイテムを買ってくれた人が、「あれめっちゃよかった!」とメッセージをくれたり。

「ブログから飛んできたんですけど、ちょっと質問いいですか」なんてこともあります。

 

ぼくの大したことない経験が、誰かの人生を変える可能性だってあるんですよ。

▼この記事ではそんなことも書いてます。

 

3、経験や考えを積み上げられる

これ、一番よかったことかも。

ブログを書いてると、自分の経験や考えを、目に見えるかたちで積み上げられます。

 

これを読んでるみなさんは、半年前に自分が何を考えていて、そこから今の自分はどれぐらい成長できてるか実感できますか?

なかなか難しいと思うんですけど、ブログを書いてれば一発で分かっちゃうんです。

 

半年前に考えていたことも文章として残ってるし、今では価値観が変わっていることだってたくさん。

「こんなこと考えてたのか、過去の自分ダサすぎるぞ」なんて思うことがしょっちゅうあります。

こうやって自分の変化を実感できるのが、ブログのいいところなんですよね〜。

 

Twitterで自分の思いをツイートしてても、半年前までさかのぼって見返すことはほぼありません。

自分の変化を実感したい人は、試しに1記事書いてみるのがおすすめ。

 

4、知らなかった世界の人たちに出会える

直接会って話すことはほとんどないけど。

ブログで発信するようになってから、自分でも色んな人のブログやメディアをよく読むようになりました。

 

そうすると、ふつうに大学生活を送ってるだけじゃ絶対に出会わなかった人たちの価値観に触れるようになります。

それまで大学とサークルぐらいしかコミュニティがなかったぼくにとっては、これが結構大きくて。

 

それまで当たり前だと思っていたことが当たり前じゃなかったり。

色んな働き方をしてる人たちが参考になったり。

 

知らなかった世界を知れる!

これもブログを書いててよかったことのひとつです。

 

5、なんか仕事にもつながってる

ぼくはバイト代を稼ぐためにWebライターの仕事をしているんですけど、これもブログを書いていた経験が役に立ちました。

ふだんから2000〜3000字の文章を書いていると、自然と文章力もついてきます。

ぼくはバイトが嫌で嫌で仕方なかったので、こうしてパソコンひとつでお金を稼げているのは理想的な状況。

 

ライターの仕事してみたいな〜って人は、まず文章を書く練習としてブログがおすすめっす。

 

これからも書いていきまっす!

って感じで、ブログを書いててよかったことをまとめてみました。

これからもゆるく続けていくので、どうぞごひいきに。

 

関連記事

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事