現役大学生が教える!バイト以外でお金を稼ぐと〇〇が変わった。

こんにちは、いっこーです。

ぼくは以前からこのブログで、「大学生はバイト以外でお金を稼ぐ経験をするべきだ!」と声高に主張してきました。

参考: 大学生はバイトするよりも、雇われずに100円でも稼ぐべき3つの理由。

 

ぼくも実際に「ブログ」「ライター」「有料note」の3つでお金を稼ぐ経験をしているんですが、バイトしかしていなかった時期と比べると、自分の中で多くの変化があったな……と感じています。

このツイートでは「バイト以外で100円稼ぐと世界が変わるよ!」と表現してますね。

 

でもこのツイートをした後に、こんなリプがきまして。

  • バイト以外で稼いでみて、具体的にどんな変化があったんですか?
  • どんな風に世界が変わったのか教えてほしいです!

 

このリプライに対してぼくは最初、「そんな正解っぽいものに期待せずさっさとやれよ」と言っていたんですが(笑)、いやちょっと待てよと。

 

バイト以外で稼いでみて自分の中に変化があったのは事実だけど、「どんな変化なのか」をちゃんと言語化できていませんでした。

それを言葉にできないうちは、どれだけ「いいことあるよ!」と言っても説得力皆無だな〜と。

 

ということで今回は、「バイト以外で稼ぐと起こる変化」について深く深く掘り下げてみようと思います。

ぼく1人の意見だけでは偏りがありそうなので、自分で稼いだ経験のある他の大学生にも話を聞いてみました。

すべて実体験に基づいた感想なので、「自分も何か始めてみようかな」と思っている人にはきっと参考になるはず。この記事を読んで「いいじゃん」と感じたら、ぜひあなたもアクションを起こしてみてください!

 

SPONSORED LINK

そもそも大学生はどうやってバイト以外でお金を稼いでいるのか

ぼくも含め、話を聞かせてくれた大学生は、Webで文章を書いている人が多かったです。

  1. ブログを書いて広告収入を得る
  2. noteで有料コンテンツを販売する
  3. クラウドソーシングサイトを使ってライターの仕事をする
  4. NAVERまとめ記事を書いてアクセス数に応じた収入を得る
  5. ココナラで読書感想文の代行(!)

 

「バイト以外でお金を稼ぐ」と聞くとなんだかハードルが高そうですが、Web記事を書いてお金を稼ぐのはかなり簡単です。

商品を仕入れて販売…となると、在庫を抱えるリスクや色んな不安がありますが、文章を書くのにリスクはほぼゼロ。

ブログやnoteなら自由に文章が書けるし、誰かに依頼された仕事でも「納期とクオリティ」に気をつけていれば大失敗はありません。

 

これから何か始めてみたい!という人は、まず「文章で稼ぐ」のが手っ取り早いです。参考記事も書いているのでぜひ。

参考: バイトしたくない大学生は、Webライターで稼ぐのもアリだよ。

 

バイト以外で稼いでみた結果その1、意外と簡単だった

  • 思い切って始めたら意外とすんなりできた
  • 「稼ぐことは難しい」という先入観があったけど、やってみればできる

まずはこれ。バイト以外でお金を稼ぐのって、そこまで無理ゲーじゃないんですよ。

もちろん、いきなり月に10万円!とかはハードルを上げすぎです。まったくの初心者が上手くいくほど世の中甘くありません(笑)

 

でも、「月に1万円を自分で稼いでみよう」という目標ならホントに誰でも達成できるはず。

1記事1000円の仕事を10件こなせば1万円ですからね。

 

最初から稼げるわけじゃない。でもハードルは高くない。

「バイト以外で稼ぐのは意外と簡単だった」と言っている人も、別に最初から何万円も稼げているわけじゃありません。

1記事100円の有料noteを5人が買ってくれたとか、ブログの広告収入で300円ゲットしたとか、それぐらいのレベルです。

 

でも小さく稼ぐ経験をしたことで、「自分でお金を生みだすのは難しくない」という感想を持ったのも事実。

この0→1をさっさと体験してください。「自分にもできるかも」って絶対思えるので。

 

バイト以外で稼いでみた結果その2、誰かに価値提供できるのが嬉しい

  • ネットを介して、知らない人がコンテンツを買ってくれるのが嬉しい
  • 自分がつくったものを求めてくれる人がいて、バイトでは味わえない面白さがある

どんなに少額でもお金が稼げたなら、誰かに価値を提供してるってこと。

しかもバイトとは違って、「自分だけで」その価値を届けられることがマジで嬉しいです。ぼくも1年以上ブログを書いていますが、この喜びがあるからずっと続けられるんだと思う。

 

バイトだとどうしても、「自分じゃなくても大丈夫」な感じがあるじゃないですか。実際誰でも代わりがきく仕事だし。

だからこそ自分ひとりでお金を稼げるとめちゃくちゃ嬉しいんですよね。誰かに雇われてるわけじゃないし、全部自分の手柄になります(笑)

 

バイト以外で稼いでみた結果その3、自己肯定感がわく!

  • 小さくても社会に価値を与えられるんだという自信がついた
  • 平凡な自分でも役立つコンテンツがつくれるという自己肯定感

誰かに価値提供できたのが実感できたら、そりゃあもう自己肯定感がわきまくりです(笑)

ぼく自身も、「自分でも誰かに求められるものがつくれるんだ」と感じられたことが一番の変化かもしれません。

 

もっと言うと、「自分にはすでに売れるものが備わっている」という感覚ですかね。

 

ぼくなんか大したことない普通の大学生ですが、ブログを更新したら読んでくれる人がいたり、有料noteを買ってくれる人がいたり。

自分では「平凡だなあ……」と思い込んでいる経験や知識も、誰かにとっては特別なんですよね。

この感覚、自力で100円でも稼いでみると絶対分かるはず。

 

全然ハードルは高くない。だから思い切って飛び込んでみて。

最初にも書きましたが、いきなり何万円も稼げる!なんてことはありません。

でも、イメージしているほど「バイト以外で稼ぐ」ハードルは高くないから。

自分もなにか始めてみようかな……とぼんやり考えている人は、ぜひ思い切って飛び込んでみてください。絶対いいことありますよ。

 

The following two tabs change content below.
いっこー@大学4年

いっこー@大学4年

来春からIT企業に就職する大学生。就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。大阪住みの23歳。 ▶いっこーのTwitter詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事