やる気が出ないのは当たり前。最短ルートで結果を出すにはコミュニティを変えろ。

  • 英語ペラペラになりたい!
  • 筋トレを頑張ってイケメンになりたい!
  • 自分磨きしたい!

こんな目標ができたとき、たいていの人は「よっしゃやったるで!頑張ろう!」と決意を新たにします。

でも正直、そんな決意なんて無意味っす。

 

結果を出すために必要なのは、「頑張ろう!」と決意することでも、自分のサボり癖を嘆くことでもありません。

自分のいるコミュニティを変えること。

これが一番の近道です。

 

SPONSORED LINK

決意だけでは続かない

誰しも経験があると思いますが、「頑張ろう!」と思って始めたことも大体は続きません。

毎年お正月には、たくさんの人が「今年は痩せる!」とか「この資格を取る!」と決意を新たにします。

でも2月に入るとそんな目標はとっくに忘れていて、いつもと変わらない日常に元通り。

もはや目標を立てたことすら忘れている人もいます。

 

でもこれってごく普通のこと。

ぼくを含めて、大抵の人はサボり癖がついているし、楽な方へと流されてしまいます。

「やる気が出ない」って当たり前なんですよね。人間だもの。

 

頑張らざるをえない環境に飛び込む

じゃあ行動を起こして結果を出すためにはどうするか?というと、「頑張らざるをえない環境」に飛び込むのが一番近道なわけです。

自分よりも意識が高くて、実際に行動している人たちがいるコミュニティに自分も属しましょう。

 

自分の意志だけでは頑張れない人も、周りのモチベーションが高ければ行動せざるをえなくなります。

  • 英語ペラペラの人たちに囲まれると、焦って自分も勉強するようになる
  • イケメンばかりに囲まれると、自分も服装や振る舞いに気をつかうようになる

 

「周りのレベルが高すぎて焦った」という経験のある人は多いはず。

じゃあその環境を意識的につくってしまえば、あとは勝手に努力して行動するようになります。

 

モチベーションの高いコミュニティに入る

ぼく自身の例でいえば、このブログを長く続けて結果を出したい!と思ったので、超初心者の頃はブロガーさんが集まるコミュニティに属していました。

周りは自分より実績のある人ばかりだし、記事を投稿するスパンもかなり早い。

そんな環境にいると、「自分も負けてられない」と勝手に頑張るようになりました。

 

そして最近は就活を頑張りたいので、就活生が集まるコミュニティに入っています。

周りの人の活動を見ていると自分も焦るので、いい感じのモチベーションアップになりますよ。

 

オンラインでも環境は変えられる

あと、「コミュニティを変える」といってもリアルの場が全てじゃないです。

今ではオンラインサロンもたくさんあるし、SNS上で色んな人と繋がるのも簡単。

 

ぼくは「モテる人になりたい!」と思ってるので、Twitterでは「この人モテそうだな〜〜」という人を意識的にフォローしてます。

「こうなりたい!」という人の価値観に自分を近づけていくの、超大事。

 

コミュニティに自分を変えてもらおう

ってことで、結果を出したいことがあるなら、まずコミュニティを変えてみる。

自分ひとりの決意なんて意味ないので、周りの人たちに自分を変えてもらいましょ。

やる気の出ない自分を変えるには、やる気のある人たちに囲まれるのが最短ルートっす。

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

学生ブロガー / HASHIGO編集長 / 街コンソムリエ。 大学生向け情報と街コンノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事