18卒内定者がグループ面接で感じた、「ショボい就活生」3つの共通点

こんにちは、いっこーです。

ぼくは2018卒として就活を終えた大学生なんですが、その経験を少しでも共有しようと、いくつか就活関連の記事を書いております。

「就活」カテゴリの記事一覧

 

さて今回は、ほとんどの就活生が経験するグループ面接について。

多くの企業では1次〜2次選考がグループ面接なので、ここを突破できないと内定には近づきません。

複数人での面接なので、その場の印象ではっきりと差がつく選考ともいえます。

 

そんなグループ面接をぼくも何回か経験したんですが、正直言って他の学生に負ける気がまったくしませんでした(笑)

これはぼくの経験値がずば抜けているとかじゃなく、単純にショボい就活生だらけなんですよね。実際にグループ面接で落ちたこと1回もないし。

逆に言えば、「ショボそうに見える要因」を事前に潰しておくとグループ面接は楽勝だと思うんです。

 

ってことでこの記事では、ぼくが感じた「ショボい就活生の共通点」について書いていこうかなと。

かなりさらっと書いているので、詳しい就活対策について知りたい人はぼくの「就活戦略まとめ」を読んでみてください。

 

SPONSORED LINK

1、外見がクソ

ショボい就活生の90%がこれ。外見がクソすぎる。

普段から見た目に気を遣っている女子はまだしも、外見に無頓着な就活生男子がめっちゃ多いです。

  • 髪の毛ぼさぼさノーセット
  • スーツのサイズが合ってない
  • 眉毛・ヒゲの手入れをしてない
  • 靴が汚れている
  • なぜかくるぶしソックス

 

「おれは中身で勝負だ!」とか訳のわからん勘違い野郎もいますが、第一印象が悪い人の話なんて誰も聞きません。

ましてや未来の同僚を選んでいるので、そりゃ清潔感のあるイケメンや美女がいいに決まってる。自己PRであれこれ悩む前に、鏡を見て「自分はイケてるのかどうか」を真剣に考えたほうがいいです。

デブならまず痩せる。髪がぼさぼさなら美容室に行きましょう。

 

2、話が長すぎる

グループ面接では基本的に時間がありません。1人あたりの持ち時間は5分ぐらい…なんてこともザラにあります。

そこでは当然「1分程度で志望動機をお願いします」と話が振られるんですが、そこで3分ぐらいべらべら話す就活生の多いこと多いこと。ホントですよ(笑)

面接官はそんなの求めてないから!!!もっと簡潔に短く話して!!!

 

「1分程度で」って言われてるのに長々と喋っちゃう時点でもうアレなんですが、話の長い人って聞く気にならないんですよね。

面接官は1日に何十人と就活生を相手にしているので、もっと気遣ってあげましょう。

話は短く簡潔に。結論から話す。基本中の基本ですが、できてない就活生がめっちゃ多いです。

 

面接官と目は合っているか?

これは余談ですが、「自分が話しているときに面接官と目が合っているか」をぼくは常に気にしていました。

グループ面接では露骨に分かるんですが、つまんない就活生の話を聞いているとき、面接官は手元の資料に目を落としがちです。(資料を見るフリをしてるだけだと思いますが)

対して優秀な就活生の話を聞いているとき、面接官はぐっと前のめりになるんですよね。

「自分の話が響いているか」を知る1つのバロメータになるので、就活生はちょっと意識してみてください。

 

3、質問にちゃんと答えられない

なんでもかんでもアピールにしちゃう人のことです。

いちばん多いのは、「学生時代に頑張ったことは?」と聞かれて「私の強みは◯◯です!」と最初に言う人。いやいや、それ答えになってませんから(笑)

「学生時代に頑張ったことは?」って聞かれてるんだから、まずは「私が頑張ったのは〇〇です」と答えましょう。

「軽く自己紹介をしてください」と言われて、「私はリーダーシップのある人間です!」と答えるのも同じパターンですね。

 

こういう人って自分をアピールしたくてしたくて仕方ないんでしょうが、面接はスピーチ大会じゃありません。

自分を売り込むのも大事だけど、きちんと会話をしてコミュニケーションを取るのが大前提。

「話が噛み合わない人」「自分のことしか考えられない人」というイメージがつくだけなので、なんにも良いことないですよ(笑)

 

ショボい就活生の共通点は……

  1. 外見がクソ
  2. 話が長すぎる
  3. 質問にちゃんと答えられない

「働く意義ってなんだ…?」「自分に向いている仕事って…?」とあれこれ考える前に、こういう基本的なことを完璧にするのが内定への近道です。

ぜひこの記事を反面教師にして、グループ面接では「楽勝だわ」と思える余裕をゲットしてください。

 

5社中3社に内定!いっこーの就活戦略まとめ

本ブログの運営者・いっこーが実践した就活戦略を5記事にまとめています。

ぼくは「9割の就活生の逆を行く」ことを意識して就活した結果、5社中3社から内定を頂くことができました。

 

  • 就活はまず自己分析から
  • 自己PRと学生時代に頑張ったことを綺麗なエピソードに整える
  • とりあえず30社にESを出してみる

こんな「就活の王道」とは逆のアプローチで、省エネかつ最短で内定を獲得する方法論を解説しています。

 

就活まで時間のある人、すでに選考が始まっている人どちらにも役立つ内容になっているので、大学生はぜひぜひご覧ください!

2018卒のぼくが教える、5社中3社で内定ゲットした就活戦略【概観と自己紹介】

The following two tabs change content below.
いっこー / 中野一行

いっこー / 中野一行

大学生ブロガー&街コンソムリエ。 就活など大学生向け情報と、街コンバイトで培った恋愛ノウハウを記事にしています。神戸大学に通う23歳。 ▶いっこーのTwitter大学生向けデートマガジン「HASHIGO」詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

関連記事